2013年01月30日

ひいろ − 緋色

ritu2.JPG


太陽が輝くような黄みの赤


1月らしいお菓子。
しかも、その年だけのものといえば
お題菓子です。
それは新年に宮中で行われる
歌会始のお題にちなんだお菓子のこと。

ひとつの題をもとに歌を詠む歌会は
奈良時代から行われていたようです。
天皇によって催される歌会は
鎌倉時代中ごろからはじまったとされています。

明治になって国民も参加できるようになり
勅題菓子ともお題菓子ともよばれる
和菓子がつくられるようになりました。

今年のお題は「立」。
「勅題『立』 旅立ち」と名づけられたお菓子は
日の出を思わせる緋色。
沖に漕ぎ出でた舟から見えるものは、さて……。

なんだろうと想いをめぐらせた頭に
浮かんできたのは
朝日に紅く染まった紅富士でした。




【緋色】
黄みがかった鮮やかな赤のこと。「あけ」とも読み、
飛鳥時代には「真緋(あけ)」として冠位十三階
の上から四つめにあたる色に定められています。
濃く染めた「深緋(こきあけ)」、浅い色あいの「浅
緋(あさあけ)」、能の装束に使われる「猩々緋(し
ょうじょうひ)」など、緋色の種類もさまざまです。











posted by mikk at 22:36| Comment(2) | 睦月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

ことほぎ

ema,fuji.JPG


あけまして
おめでとうございます

今年も仙台の
ほっこりかわいいお菓子や
きりっと伊達なお菓子に
日本の色を見つけていきます。

2013年はじまりのお菓子は
絵馬と富士。

すこやかな年となりますように。
晴れやかにはじめてまいります。









posted by mikk at 22:16| Comment(2) | 初春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

しろ − 白

yukimoti.JPG

古来より清浄でけがれのない色


大晦日の夜。
きれいにたたまれた
真新しい下着が枕元に置かれていました。

年があらたまったら
新たな気持ちではじめるように
との思いからだったのでしょう。

子どものころは、その白い下着を見ながら
一年の締めくくりと
迎える新年に思いをはせ
特別な気分になっていたことを思い出します。

いつのころからか、それは途絶え
大晦日も新年も
日常に近づきつつあります。

まだ今も師走のただ中で気は急いていますが
松と千両を和紙でくるりと巻いて
赤い水引で結んで飾ったら
少しあらたまった空気が流れはじめました。

心の内からも静まりたいと
今日いただいたお菓子は「雪餅」という名のきんとん。
静かにしずかに落ち着いてと
自らに語りかけながらいただいて、少し深呼吸。

今年もあと7時間ほど。
どうぞよい年をお迎えください。




【白】
白といっても完全な白は存在せず、わずかに黄み
や青みをふくんでいます。古来と現代の白の捉え
方にはかなり開きがあり、今よりもっと広範囲な明
るい色をさしていたと考えられています。科学的な
白さより、雪ざらしされた楮(こうぞ)や布のような
あたたかみのある白を好ましく感じるこのごろです。










posted by mikk at 16:52| Comment(4) | 師走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

ときわみどり − 常磐緑

hiiragi.JPG


ずっと変わらぬ常緑の葉色


みぞれまじりの雪が降り
仙台はうっすら雪景色のクリスマスになりました。

光のページェントは
3連休のせいか
七夕まつりを思わせるほどの混みよう。

図書館に急ぎながらも
到着したのは、残念ながら閉館時間の数分後。
予約しておいた本は借りられなかったけれど
周りはクリスマスのただなか。

くるりと気分をかえて
しばらくごぶさたしていたお店をのぞき
いつもとは違う時間の過ごし方に。
そして、いつものクリスマスと同じ買い出し。

お菓子だけは事前に用意しておいた
「柊」のお干菓子です。

ずっと緑をたたえる葉をかたどった
その色は、常磐緑。

いつも同じ緑であることをたたえる色名です。




【常磐緑】
松など常緑樹の葉色をあらわす、黄みをお
びた深緑色です。常緑を表す色に常磐色、
千歳緑、老緑もあります。それらは常磐緑
と同色とする説、別色とする説、どちらもあ
ります。常磐緑と似た色に松葉色がありま
すが、こちらはくすんだ深緑色になります。








posted by mikk at 14:41| Comment(0) | 師走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

くれないぎく − 紅菊

yabukoji.JPG




紅菊の花と葉をあらわすかさね色


ある年のお正月。
父と母と出かけた出雲民藝館の庭先で
目にとまった赤い実。

南天でも千両でも万両でもない赤い実は
母から「藪柑子(やぶこうじ)」だと教えられました。

いっしょにまわった足立美術館も温泉もよかったけれど
意外に覚えている旅先での出来事は
そんな、何気ないやりとりです。

親子で旅に出る機会は、なかなかありそうでなく
最近は、それぞれで過ごすお正月になっています。

この時季、和菓子屋さんに並ぶ「やぶこうじ」を見ると
出雲で見た、あの赤い実を思い出します。
帰りの車中で撮った、父と母の笑顔とともに。

このお正月、父と母はどんなふうに過ごすのだろうと
少々気にかかりつつ
いよいよ明日から師走。
年明けまで、日々が走り抜けていきそうです。




【紅菊】
紅菊の花と葉をあらわす、「紅」と「青」(かつて緑
のことを青と表現していました)の二色によるかさ
ねの色目。中国から伝わった菊は、平安時代にお
いて黄と白が主流でした。いまよく目にする紅菊は
品種改良されたもの。このかさねの色目も後世に
生まれたと考えられます。菊をあらわす色目は10
種もあり、すでに紹介した九月菊もそのひとつです。











posted by mikk at 23:52| Comment(0) | 霜月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

かきいろ − 柿色

mitisirube.JPG


柿の実の朱がかった紅色


いまよりまだまだ経験が浅いころには
ある程度の年かさになれば
さほど迷うことなく判断して
確信めいた考えのもと歩んでいけるのだろうと
かなり楽天的に考えていました。

そういう人も、いるでしょう。
はた目から、そう見える人もいるでしょう。

少なからず自分はその境地には達しておらず
これから先も達することはないだろうと
逆の意味で確信しています。

しっかりと自分の道を拓いているように見える人も
内面はやわらかで揺らぎながらも
一生懸命に立っているのだと感じるようになりました。

だからでしょうか、このお菓子
「道標(みちしるべ)」を見たとき
羅針盤に見えてしまいました。

お店の方から
ただ柿の枝を模したものとうかがって
ちょっと考えすぎてしまったかな、と。
ものおもう秋ですから。




【柿色】
柿の実のような黄赤色。奈良時代に中国から伝わった
柿は、色名も古くからあり、平安からとする説、室町から
とする説、があります。柿の実が熟した赤みのある黄色
を照柿(てりがき)、柿色より赤みの少ないものを近衛柿
(このえがき)といい、柿にちなむ色名もさまざまです。









posted by mikk at 18:25| Comment(0) | 神無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

くりかわいろ − 栗皮色

tannbaji.JPG


赤みがかった濃い茶色


窯場をまわると
料理上手な奥さまによく出会います。

ご主人がつくられた焼物に
その土地のものでつくったお菜が並び
郷土食のお店かカフェかと思うほど。
少し年配の方になると
お手製のお菓子でもてなしてくださいます。

あるところでは、甘く炊いた大福豆をふわりとまとめた
鹿の子のようなもの。
あるところでは、豆皿にのった栗の渋皮煮。

それが、なんとも風味がよく
もうひとついただきたい気持ちを
ぐっと抑えるのに苦労しています。

栗の木がある実家では
その実はとても身近にありました。
秋になると送られてくる栗は
すぐに栗ごはんに炊けるようにと
母が皮をむいてくれたもの。
それがどんなに手間のかかることか
不肖の娘は、最近になって知りました。

このお菓子「丹波路」は
菓子職人さんが手間をかけて皮までかたどったもの。
皮から栗風味の餡まで
そのままおいしくいただけます。




【栗皮色】
栗の皮のような赤みの茶色。栗色や『源氏物語』の一
節に出てくる落栗色を、同色とする説もあります。一説
には、栗色は明るい茶色、落栗色はつやのない黒みの
褐色とする説も。同じ色調であることに変わりありませ
ん。似た色に、檜皮色があります。こちらは檜(ひのき)
の皮のような色、もしくは皮で染めた赤茶色のことです。

posted by mikk at 18:51| Comment(4) | 長月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

きはだいろ − 黄檗色

kamome.JPG

黄檗の樹皮で染めた明るい黄色


ひとつひとつ姿形の異なる
「かもめ」のお干菓子です。
くちばしに見つけた黄色が、黄檗色。

この色、沖縄の城間びんがた工房で見せていただいた
目の覚めるような黄色に似ている気がします。

ただ、このかもめから浮かんでくるのは、港の朝焼け。
かつて見た
しらじらと夜が明けていくときの光景です。

さんま船が帰港し、大きな網で陸揚げするとき
網から地面にこぼれ落ちてしまうさんまが、
けっこうあります。

それを空から狙うのが、うみねこ。
陸から狙う、ねこもいます。

うみねこやねこを追い払うこともなく
悠々と自分たちの仕事を進める漁師。
ひとも動物も、ともに生きている。
そう感じる光景でした。

先日、気仙沼に行ったとき
うみねこの数が減っている気が……。
漁船が一艘、二艘と増えていくことを願っています。




【黄檗色】
ミカン科の高木「黄檗」の内皮で染めた、鮮やかな黄
色。いまでも草木染めで、よく用いられる染料です。
防虫効果があり、写経用の紙を染めるのにも使われ
ていました。正倉院に伝わる黄紙や黄染紙も、黄檗
で染められたと考えられています。薬効もあり、漢方
では整腸剤「黄檗(おうばく)」として知られています。








posted by mikk at 06:47| Comment(0) | 葉月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

ふかみどり − 深緑

tamamokan.JPG


生命力をたたえた濃い緑色


静かなお菓子です。
ひっそりとした深い森を思わせるような。

といっても、菓銘は「玉藻羹」。
湖底にたゆたう藻を表わしているのでしょう。

何年も前から和菓子店の店先で
目の端に映りはしても
なかなか求める気にならなかったのは
抹茶と小豆の二層の水ようかん
だとばかり思っていたからです。

それがまったく予想していなかった
甘味が織りなす甘美なお菓子でした。

香りと苦みのきいた抹茶の下には
さっぱりしたほうじ茶羹のようにも感じる
波照間産の黒糖をつかった黒糖羹。
そして奥底には
とろんとしたこし餡が隠れていました。

見ための静けさと
饒舌な味わい。

忘れられない味をもう一度と
後日行ってみると、その日は完売。
ああ残念と思いながら
定禅寺通りのケヤキ並木を見上げると
いつの間にか葉色は、もう深緑。
ほんとうに和菓子の奥深さを再認識した
夏の夕暮れでした。




【深緑】
「こきみどり」ともいう濃く深い緑色のこと。『源氏物語』
に登場し、現在までそのままの色名で伝わる、身近な
色です。似た色に、黄みをおびた「常磐緑」、くすんだ
黄緑の「松葉色」、青と黄の中間にあたる「緑色」など
があります。天然のひと色で染めることができない緑
は、青と黄を染め重ねることによって表わされました。








posted by mikk at 22:16| Comment(0) | 文月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

かめのぞき − 瓶覗

hototogisu.JPG


ただ一度、藍瓶にくぐらせた淡い色


水無月のお菓子
「時鳥(ほととぎす)」と「浮雲」です。
時鳥に見つけたのは
淡いあわい藍色の瓶覗(かめのぞき)。

藍色は、ヨーロッパでは
ジャパン・ブルーという言葉で通用すると
聞いたことがあります。

明治の初め、イギリスの科学者が
日本各地で藍色の装いをみたことから
その言葉を表わしたのがはじまりだとか。
江戸時代に紺屋が優れた仕事をしたことも
影響しているのかもしれません。

瓶覗もジャパン・ブルーの一種と言えば
この色名をあまり耳にしたことがない人にも
少し身近に感じられるかも。

瓶覗の色で思いだすのは
益子の日下田藍染工房。
瓶覗から黒にちかい濃い藍まで、
一枚ずつかさねの色目のように並んでいるのが
なんともすがすがしかったのを覚えています。

その後、思いがけず藍染めの扇子を母からゆずられました。
それが瓶覗から藍まで濃淡のすっきりしたもの。
暑くなくてもつい広げてみたくなります。




【瓶覗】
もっとも淡い藍染の色。一度だけ藍にくぐらせた
色です。藍染は、布を繰りかえし藍瓶に浸すこと
で少しずつ色が深く濃く染まっていきます。この色
名は、ほんの少し藍瓶をのぞいた色という意味に
由来するとされています。一説には、瓶にはった
水に空の色が映ったような色ともいわれています。
















posted by mikk at 23:29| Comment(0) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。