2013年09月30日

はつもみじ − 初紅葉

koborehagi.JPG

萌黄と淡萌黄のかさね色


宮城県の花は、宮城野萩。
仙台市の花は、萩。

萩に思い入れのある土地柄ゆえか
花が見ごろになる季節には
仙台の和菓子屋さんに
萩にちなんだお菓子が並びます。

たいていは、可憐な萩の花に見立てて
けしの実を散らすことが多いのですが
意外だったのが、この「こぼれ萩」。

お菓子の水無月を思わせる
存在感のあるういろう製です。

こぼれんばかりに咲く
白萩を表わしているのでしょう。
白小豆をぎっしりのせて
つややかな寒天で表面を覆っています。

食べごたえがありそうと思ったものの
口にしてみると、白小豆の風味がとてもよく
するすると口の中にほどけていきました。




【初紅葉】
かえでの葉を模した、萌黄と淡萌黄によるかさねの色
目です。春の時季のかえでの葉色を表わしていると思
われますが、紅葉にちなんだ色目として、後の時代に
生まれたのではと考えられています。ちなみに紅葉に
ちなんだかさねの色目には、青紅葉、黄紅葉、楓紅葉
などがあり、いずれも秋に身につけられる配色です。











posted by mikk at 23:57| Comment(0) | 長月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みるちゃ − 海松茶

kaki2.JPG


赤茶をふくむ海藻の色


赤松、黒松、五葉松。
松にはいろいろあるけれど
海松と書いて“みる”と読む
海藻の松もあります。

“みる”で海にちなむものといえば
すし種のミル貝が浮かびますが
それは、海松を食べているように見えることから
名付けられたとか。

海松そのものは、あまり見聞きしませんが
万葉のころ、盛んに歌に詠まれ
食されたといいます。
その海松色を、赤茶に傾けたのが海松茶。

このお菓子でいえば
へたの色にあたります。

渋みのある写実的なへたと
ういろうで味噌あんを包んだ、ぽわんとした実。

その取りあわせに、どことなくおかしみがあり
求めた「柿」です。




【海松茶】
赤茶がかった深い緑色。平安時代から身につけられ
た海松色は、浅い海の岩についた海藻の海松のよう
な色。江戸時代になって、四十八茶百鼠(しじゅうはっ
ちゃひゃくねず)といわれる茶色や灰色の系統が生ま
れ、その流行の茶をふくんだ色が海松茶です。同系色
には藍海松茶もあり、どちらも渋みのある粋な色です。











posted by mikk at 23:56| Comment(0) | 長月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

せいじいろ − 青磁色

akanezora.JPG


磁器の淡い青緑色


「身代わりになってくれるからね」
そう言われて台湾で求めたのは
ねこの形をした
指先ほどの小さな翡翠(ひすい)でした。

壊れたとき、なくなったとき
それは身を挺して
持ち主を守ってくれたということだと教わりました。

命の象徴として尊ばれた翡翠の
その色を模してつくられたのが、青磁です。

中国でつくられはじめた青磁は
やがて朝鮮半島の高麗に伝わり、高麗青磁に。
そして、日本に伝わり佐賀県の鍋島藩でつくられ
鍋島青磁も広まっていきます。
その多くは、美術工芸品。

日常づかいにされる青磁は少なく
ごくごく淡い青みから灰みを帯びたものまで
色に幅があります。

このお菓子「茜空」は
本来の青磁色である中国青磁の色みに近いようです。

青磁色と、夕焼けをあらわす緋色。
かさねの色目にあってもよさそうな
相性のよい配色を教えてくれるお菓子です。




【青磁色】
中国青磁のような、淡い青緑色。中国から日本に
青磁が伝わったのは、平安時代とされ、その器の
色にちなんで名づけられました。産地によって青
磁の色は異なり、秘色(ひそく)とよぶ場合も。ち
なみに高麗でつくられた青磁は、もう少し黄みが
かった色。かつて紹介した山葵色にも似ています。















posted by mikk at 13:33| Comment(0) | 葉月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

しののめいろ − 東雲色

mukuge2.JPG


朝焼けの色


春眠にかぎらず
たいていは暁をおぼえず。
いつまでも眠っていられたらと思うほうです。

それでも、ときおり
夜明け前からとりかかることがあると
東の空にたなびく雲が
東雲色に染まっていく様子を見ることがあります。

ちょっと気が急いていても手を止め
明けていく空を見ていると
身体のすみずみまで、気がゆきわたっていく感覚に。

とくに夏の時季は
障子越しにまっすぐ差し込む朝の光も好きで
それまでの部屋が一瞬にして変わり
清々しく、力を与えられた気になります。

この花も同じ気分かもしれません。
朝の光をうけて咲く「むくげ」です。

そこここで目にすることが多い、夏の花。
花どきの長い印象ですが
一輪一輪は、その日の朝咲いて
夕暮れには閉じる一日かぎりの花です。




【東雲色】
淡く黄みがかった赤。このお菓子でいえば、花芯の朱が
かった赤い部分。東の空に見える朝焼けの色を表し、曙
色(あけぼのいろ)とも言います。朝焼けが東雲色なら、
夕焼けは茜色(あかねいろ)。黄みが勝る淡い東雲色に
対し、赤みが勝る濃い茜色。見比べると、自然の色をど
う捉えたのか、日本のかつての感覚がつかめそうです。











posted by mikk at 23:25| Comment(0) | 葉月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

にゅうはくしょく、みずいろ − 乳白色、水色

koishi2.JPG


かすかな黄みの白、清らかな水の色


庭づくりを極めると
石にいきつくらしい。
たしか、父から聞いた気がします。

もしかしたら、禅の美を極めたものとされる
龍安寺の石庭と結びつけて
父が言ったことだったかもしれませんが。

華やいだ花でも
造形的な池でもなく
あるがままの石こそ味わい深い気がして
妙に納得した覚えがあります。

和菓子にも花あり、籠あり、団扇あり。
かたどったものはさまざまありますが
「小石」を見つけたのは、初めてでした。

上から見ると、白っぽい小石そのものなのですが
少し視線を下げると
浅瀬にひたひたと浸かっているような水色も。

情景が広がるお菓子は
和三盆と切りごまで仕上げられたもの。

なんとも趣のある姿のため、口に運べず
しばらく置いて観賞することに。
今日は主菓子だけで我慢です。




【白、水色】
乳のように、わずかに黄みを帯びた白色。白に完
全な白はなく、わずかに黄みや青みをふくんでい
ます。それが黄みに傾くと、乳白色や薄香色に。
青みに傾くと、瓶覗(かめのぞき)になります。水
色は、その名の通り、水のような色を表す淡く澄
んだ緑みの青。瓶覗より、すこし濃いめの色です。









posted by mikk at 23:27| Comment(0) | 文月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

うすふじ − 薄藤

ajisai,ha.JPG


江戸にはじまる淡い藤色


皐月、水無月と
紫の花が続きます。
お菓子は「紫陽花」と「葉」をあわせてみました。

紫陽花を模したお菓子は
これまでも紹介していますが
そちらは華やかなもの。
今年は、すっきり粋で小ぶりな
らくがんの紫陽花です。

わが家の庭に咲いている紫陽花も
ちょうどいまが見ごろ。

春まだ寒いころから小さな芽を出し
桜咲くころに葉を広げはじめ
順調につぼみをつけてくれました。

ところが、いつもなら
ぽんぽんと手まりほどの大きさに育つのに
今年はなぜか小ぶり。

いつもより肥料を少し多めにあげたはずなのに……。
気候の影響と思いたい一方で
こまめに手をかけていなかった後ろめたさも手伝って
草とりにはげむ水無月の最終日となりました。




【薄藤色】
淡い青みの紫である藤色を、さらに淡くしたのが薄
藤色です。花の色としては平安時代から見られま
すが、色名としては江戸時代からとされています。
似た色に、薄色(うすいろ)と半色(はしたいろ)が
あります。その違いは、薄色はやや灰みがかり、半
色は薄色よりやや濃く赤みがかっているところです。


posted by mikk at 23:15| Comment(2) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

あおむらさき − 青紫

ayame.JPG


青みをおびた紫色


時間に追いかけられているとき
すっと救い上げ、解き放ってくれるのは
その日、その時にしか見ることのできない
花や葉の色、風のにおい。

いつもと変わらない道であっても
目にする光景は、そのたびに新鮮で
さわさわと新しい風が吹きぬけていくような
気持ちになります。

そんな気分にさせてくれる
もののひとつが、和のお菓子。

あっ今日はこんなお菓子に出会えた
もうこの季節がやってきたのだと
それまで頭をぐるぐると駆けめぐっていたことを
一瞬にして忘れさせてくれるのです。

ちょっと季節を忘れかけていた日々。

「あやめ」のお菓子が
いまの時季を教えてくれました。




【青紫】
青みがちの紫色。このお菓子「あやめ」と同じ
色名をもつ「あやめいろ(菖蒲色)」もあります
が、それはもう少し赤みがかった色。あやめ色
よりさらに赤みが増すと、杜若色(かきつばた
いろ)になります。花の姿かたちが似ているだ
けでなく、色までも等しく優雅な紫系統です。











posted by mikk at 23:20| Comment(0) | 皐月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

さくらいろ − 桜色

hisago.JPG

白にちかい、ほんのり淡紅色


広瀬川のほとりに
ところどころ咲き残った桜があり
風が吹くたび、ひらひらと舞い散っています。

桜といえば、数週間ほど前になりますが
小さなお花見を楽しみました。
今年はちょっと趣向を変えて
桜の古木のもとに広げたのは、ふかふかの緋毛氈。

青々とした草と緋色の取り合わせも目に楽しく
毛氈の上に、小さなお重と豆皿とお猪口を並べて
ちょっとした酒宴に。

お酒は花冷えの冷やで、と言いたいところですが
仙台の春はまだ肌寒く
ほんのりあたたかい日向燗にして一献、また一献。

桜を見上げながらいただくお酒は
なんとも気分がよく
来年は、この「ひさご」のような
とっくりを持参しようと心に決めました。




【桜色】
山桜のように白みがかった、かすかに紅を含む
色。よく見かける染井吉野よりもっと白にちかく、
紅色の系統で、もっとも淡い色になります。桜に
ちなんだ、かさねの色目も多く、薄花桜、葉桜、
樺桜など10種を超えるほど。日本でいかに愛さ
れている花であるか、その数が象徴しています。











posted by mikk at 23:17| Comment(0) | 卯月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

たんぽぽいろ − 蒲公英色

tanpopo.JPG

野に咲く花のように鮮やかな黄色


仙台もそろそろ桜かと心待ちにしていたら
3月末ちかくになって
ようやく梅が咲きました。

和菓子の季節では、梅の花はとうに過ぎ
めぐりめぐって
「たんぽぽ」の時季を迎えています。

素朴でかわいらしい印象の花ですが
踏まれても
めげずにぱっと上を向き
太陽を見上げて精いっぱいに咲く花。

花どきを過ぎると
ぽんぽんと球のような綿毛になって
ふわりふわりと風にのり
またどこかの土に根をおろします。

そして、なにごともなかったように
上を向いて咲く。

路傍のたんぽぽは生きるすべを示す
師匠のようです。




【蒲公英色】
たんぽぽの花のような明るい黄色。花にちなん
だ同系の色も、さまざまあります。明るい黄色の
類でも、緑がかっているのは菜の花色。赤みが
かっているのは山吹色。やや赤みを含むのは向
日葵(ひまわり)色など。わずかな色みの違いを
見出し、季節を感じるのが日本らしいところです。











posted by mikk at 11:53| Comment(2) | 弥生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

もものかさね − 桃のかさね

yayoidan2.JPG


淡紅、白、萌黄の三重がさね


この時季になると思い出す方がいます。
加藤廉兵衛さん。
お目にかかったことはありませんが
鳥取で長く土人形をつくられていた方です。

その人形は手のひらにのる、ころんとしたかたち。
なかでも、黒衣をまとった男びなの表情に
特徴がありました。
しもぶくれの顔に、しゅっと目じりの上がった細い目。

ごきげんななめなのかと少し心配になるような
かといって怒っているわけでもない
愛嬌のある凛々しさといったらいいか。

その姿かたちから、つくり手の廉兵衛さんもきっと
ふっくらして目じりの上がった
おじいちゃんなのだろうと想像していました。

ですが、違っていました。
昨年96歳で亡くなられた廉兵衛さんを
特集した番組の映像を見ると
そこに映っていたのは
白いシャツに帆布のエプロンを身につけた
端正な細面の紳士でした。

その表情は、静かで哲学的。
腰かけて語る姿の後ろには
分厚い書物の並んだ書棚がありました。
物静かで孤高ともいえる男びなの表情に
通じるところがありました。

先の地震でわが家にあった
廉兵衛さんの男びなと女びなは
はらりと壊れてしまったけれど
今も「弥生壇」のお菓子をいただきながら
浮かんでくるのは、あの人形。

この弥生壇の白小豆の風味もそうですが
記憶にのこる良い味わいに、惹かれます。




【桃のかさね】
淡紅、白、萌黄の三色によるかさねの色目。桃を
表すかさねの色目には、淡紅と萌黄による二色も
あります。こちらは白をはさんだ三重がさね。その
配色は、桃の花、雪、新芽を表すといわれています。











posted by mikk at 23:01| Comment(0) | 如月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。