2014年06月30日

よもぎのかさね − 蓬のかさね


chinowa.JPG

蓬をあらわす萌黄の濃淡かさね色


お世話になっている方から
縁起ものだから、といただいたお菓子です。

「茅の輪」と聞いたとたんうれしくて
青々とした茅の輪をくぐったように
すがすがしい気持ちになりました。

はじめて茅の輪をくぐったのは
仙台に来てからのこと。
たまたま大崎八幡宮まで散歩をしたとき
参道に大きな茅の輪がありました。

古歌を唱えながらくぐるもの
と説明書きにあったものの覚えきれず、勝手に縮め
夏越の祓い、夏越の祓い
と呪文のように唱えながら、右へ左へくぐり抜け
半年の穢れを祓い清めたのです。

大崎八幡宮といえば
正月明けのどんと祭で知られるところ。
ついこの前、どんと祭のご神火で
こごえる手を温めた気がしていましたが
あれからもう半年。

身についた罪穢れを清め
また新たな気持ちではじめるとしましょう。




【蓬のかさね】
淡萌黄と濃萌黄のふた色によって、成長した蓬の葉を
表すかさねの色目です。この「茅の輪」のお菓子でい
えば、輪をかたどっている部分の配色にあたります。
蓬は、邪気を祓う草。そのかさねの色目を用いたとこ
ろに、菓子職人の思いが表れているようでもあります。
この配色は、夏の装いとして身につけられた色です。










posted by mikk at 23:39| Comment(0) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

うすふじ − 薄藤

ajisai,ha.JPG


江戸にはじまる淡い藤色


皐月、水無月と
紫の花が続きます。
お菓子は「紫陽花」と「葉」をあわせてみました。

紫陽花を模したお菓子は
これまでも紹介していますが
そちらは華やかなもの。
今年は、すっきり粋で小ぶりな
らくがんの紫陽花です。

わが家の庭に咲いている紫陽花も
ちょうどいまが見ごろ。

春まだ寒いころから小さな芽を出し
桜咲くころに葉を広げはじめ
順調につぼみをつけてくれました。

ところが、いつもなら
ぽんぽんと手まりほどの大きさに育つのに
今年はなぜか小ぶり。

いつもより肥料を少し多めにあげたはずなのに……。
気候の影響と思いたい一方で
こまめに手をかけていなかった後ろめたさも手伝って
草とりにはげむ水無月の最終日となりました。




【薄藤色】
淡い青みの紫である藤色を、さらに淡くしたのが薄
藤色です。花の色としては平安時代から見られま
すが、色名としては江戸時代からとされています。
似た色に、薄色(うすいろ)と半色(はしたいろ)が
あります。その違いは、薄色はやや灰みがかり、半
色は薄色よりやや濃く赤みがかっているところです。


posted by mikk at 23:15| Comment(2) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

かめのぞき − 瓶覗

hototogisu.JPG


ただ一度、藍瓶にくぐらせた淡い色


水無月のお菓子
「時鳥(ほととぎす)」と「浮雲」です。
時鳥に見つけたのは
淡いあわい藍色の瓶覗(かめのぞき)。

藍色は、ヨーロッパでは
ジャパン・ブルーという言葉で通用すると
聞いたことがあります。

明治の初め、イギリスの科学者が
日本各地で藍色の装いをみたことから
その言葉を表わしたのがはじまりだとか。
江戸時代に紺屋が優れた仕事をしたことも
影響しているのかもしれません。

瓶覗もジャパン・ブルーの一種と言えば
この色名をあまり耳にしたことがない人にも
少し身近に感じられるかも。

瓶覗の色で思いだすのは
益子の日下田藍染工房。
瓶覗から黒にちかい濃い藍まで、
一枚ずつかさねの色目のように並んでいるのが
なんともすがすがしかったのを覚えています。

その後、思いがけず藍染めの扇子を母からゆずられました。
それが瓶覗から藍まで濃淡のすっきりしたもの。
暑くなくてもつい広げてみたくなります。




【瓶覗】
もっとも淡い藍染の色。一度だけ藍にくぐらせた
色です。藍染は、布を繰りかえし藍瓶に浸すこと
で少しずつ色が深く濃く染まっていきます。この色
名は、ほんの少し藍瓶をのぞいた色という意味に
由来するとされています。一説には、瓶にはった
水に空の色が映ったような色ともいわれています。
















posted by mikk at 23:29| Comment(0) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

あさぎいろ、うすあさぎ − 浅葱色、薄浅葱

utakata.JPG


青みの葱の色と、さらに薄い色


淡々として
はかなく消えゆく泡をあらわした
「うたかた」です。

子どものころ過ごした家のすぐ前には川があり
ときに水かさを増し、
母屋の床上まで浸すことがよくありました。

そんなときは、裏山の中腹にある小さな土蔵の二階に上がり
ろうそくを灯して、川が静まるときを待ちました。

薄暗がりのなかで目にしたのは
土人形や行燈、蓑など
暮らしから遠ざかったものたち。
今思えば不謹慎なことですが
子どもにとっては楽しいひとときでもあったのです。

だからでしょうか。
今でも、消えゆく文化に意識が向きます。

岩手から福島まで港をめぐり
漁師さん、船大工さん、港町の方々が
とつとつと話聞かせてくださった
船玉のこと、出初め式のこと、祈りのこと。

経済的な復興はもとより
港文化が泡と消えぬよう願うばかりです。




【浅葱色、薄浅葱】
かさねの色目に見かけないのが意外なほど、美しい配
色。浅葱色と薄浅葱による、水の泡を表したお菓子です。
緑をふくむ水色より濃い青が、浅葱色。『源氏物語』にも
登場する伝統の色です。淡いほうが、薄浅葱。どちらも、
青みに傾いた色あいです。逆に、緑みに傾いたのが水
浅葱。字面に引きずられて、ちょっと混乱しそうですが。








posted by mikk at 23:49| Comment(4) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

ゆりのかさね − 百合のかさね

sakuranbo2.JPG


姫百合をあらわす夏色のかさね


はじめてわが家を訪れた義父が
両手いっぱいに抱えていたのが、白百合でした。

ちょっと照れたように、はいと手渡された白百合は
言葉ではない想いをいただいたようで
うれしくて、もったいなくて、とてもありがたかった。

私にとって百合といえば、その白百合だけれど
かつて日本で百合といえば
姫百合の色だったようです。

この「さくらんぼ」の色のかさなりが
姫百合をあらわす、かさねの色目。
『古事記』や『万葉集』に見られる百合も
白百合ではなく
このような夏色だったかもしれません。

7月の季語にもなっている百合は
これからの時季が見ごろ。
仙台からちょっと足をのばして
一迫ゆり園で
色を感じるのもよさそうです。




【百合】
赤色と朽葉色による、姫百合をあらわすかさねの色
目。夏の時季に身につけられた色あいです。といっ
ても、平安時代には登場せず、室町時代に著された
『胡曹抄』によれば、その時代にもあまり身につけら
れていなかった様子。元気のでる愛らしい配色です
が、残念ながら流行とまではいかなかったようです。









posted by mikk at 11:43| Comment(0) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

みどりいろ − 緑色




草木のみずみずしい葉の色


笹の葉にくるまれたお菓子を
見かけることはよくありますが
こちらは笹の葉をかたどったお菓子「笹衣」です。

このお菓子にすい寄せられたのは
たぶん、すーっと幾筋も引かれた葉脈のせい。

笹の葉を手にしたときは決まって
葉脈にそって切りこみを入れ
交差させて笹舟を作っていました。

それが、数年前に笹の葉を手にしたとき
すっかり作り方を忘れてしまっていることに
気づきました。

葉っぱに触れることより
キーボードに触れることのほうが多い、この頃。
あたり前にできていたことが
あれこれ抜け落ちていることが
少なくありません。

緑児(みどりご)のような感性でいるには
みずみずしい緑に触れることが
大事な気がします。




【緑色】
青葉のような色。青と黄の中間にあたります。平安初
期の年中行事を記した『延喜式』にも、深緑、中緑、青
緑など、緑の色名が出てきます。ですが、一色で染め
たのではなく、藍と黄系統の色を混ぜた色でした。「緑」
の語源は、みずみずしい新芽や、緑の羽色をしたか
わせみの古名「そにどり」に由来するとも言われます。

posted by mikk at 23:52| Comment(2) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

うすあさぎ − 薄浅葱




明るく青みがかった青緑色


今日も暑い日でした。
お菓子も、夏らしく
白波も涼やかな「さざ波」です。

この海にあたる色が、薄浅葱になります。
実はこの色、かつて如月の時季に
男びなさまの衣の色として紹介しています。
http://www.k2.dion.ne.jp/~miks/wawa/toki_fuyu/toki_0205.html

ですが、本来は夏の色。
ようやく、ふさわしい夏の時季に
見つけることができました。

爽やかな色と意匠。
眺めているだけで
すーっと暑さが引いていくようです。

たしか今年は冷夏と言われていましたが
この調子なら、夏らしい天候に恵まれそうです。

日焼けが気になるところですが
晴れわたった空のもとに広がる海を眺めているだけで
心もゆったり、のんびり休息できます。
気分は早くも夏休みといったところです。




【薄浅葱】
葱の若葉のような浅葱色が、淡く明るく青みがかったの
が「薄浅葱」。淡く緑がかれば「水浅葱」です。浅葱色は
平安時代からあった色名。江戸時代には、地方出身の
侍が羽織の裏地に使っていたため野暮とされ、明治にな
ると一転、化学染料で鮮やかを増し、芸者衆に流行した
新橋色が生まれます。浅葱色と新橋色に縁のある色です。

posted by mikk at 20:19| Comment(2) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

わさびいろ − 山葵色




清流から生まれるくすんだ黄緑


島根の実家では
お刺身となると父が家の裏手から
わさびを採ってきて
すりおろして薬味にするのが
いつものことでした。

子どものころは
自生しているのだとばかり思っていましたが
父が育てていたのだと知ったのは
ほんの数年前。
食いしんぼうは、父の代からのようです。

そんなわさびの香りを思い出したお菓子が
「あじさい金団」です。

咲きはじめのあじさいを思わせる色あい。
きらめいているのは雨露でしょうか。

あじさい、あじさい、と思って眺めても
この色からは、やっぱり
わさびと澄んだ川を思い出します。




【山葵色】
すりおろしたわさびのような、少しくすんだやわらかい
黄緑色。青磁色にも近いと思っていたら、高麗青磁に
似た色でした。わさびは、奈良時代から文献にも登場
している日本原産のもの。水の中で育てる水わさび
と、畑で育てる畑わさびがあります。4月の季語から
考えると、時季的に少し遅れての紹介になりました。

posted by mikk at 21:15| Comment(4) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

まつばいろ − 松葉色




松葉のようなくすんだ黄緑


梅にちなんだ色は、梅染、梅鼠、梅紫とありますが
どれも赤みがかった色ばかり。
この青々とした色からいえば
梅とはあまり関係のない松葉色になります。

入梅の頃に実を結ぶ「青梅」は
いかにもおいしそうに見えますが
毒があるとも言われます。

それでも食べたという方に、つい先日、出会いました。
「とても渋くて食べられたものではないんですが
子どもの頃は、よくかじったものでした。
食べるもののない時代でしたから」

たぶん60年ほど前のことでしょう。
昔を懐かしむお話をうかがったとき
あまりの時代の変わりように
戸惑いを覚えることがあります。

それでも季節がくれば、あたりまえのように
青梅をかたどったお菓子をいただく自分もいて……。
いまを、ありがたいなと思います。




【松葉色】
松の葉のような、くすんだ黄緑色のこと。松は常緑です
が、松落葉といえば夏の季語。新しい芽を出した後に、
落葉することをいいます。それにちなんで、この時季に
紹介しました。このお菓子、考えてみれば、形は梅、色
は松というとりあわせでもありました。ちなみに松葉色
と似た色に、如月の項で紹介した「常磐緑」もあります。

posted by mikk at 21:58| Comment(12) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

ばいこうちゃ − 梅幸茶




初代尾上菊五郎好みの茶色


縁起のよさそうな梅幸という名。
歌舞伎役者、尾上菊五郎の俳号です。

いまの尾上菊五郎さんは七代目。
富司純子さんのご主人で、
寺島しのぶさんと菊五郎さんのお父さまといえば
わかりやすいでしょうか。

その初代の好んだ色が、梅幸茶になります。
江戸時代には、幕府によって華美を禁じられましたが
富裕な町人は、地味な茶や鼠系の色に美を見出し
さまざまな変化をつけて楽しんだといいます。
その色数、「四十八茶百鼠」といわれるほど。
数多くの色が、このころ生まれました。
それら渋みのある色に、江戸の粋が感じられます。

茶系は秋まで待つつもりでいましたが
たまたま見つけた梅幸茶。
いまの時季は、青梅が並ぶころではありますが、
ひんやりつるんとした味がほしくて
甘露梅が透けてみえる
「ささのつゆ」となりました。




【梅幸茶】
萌黄に鼠をふくんだ茶色。茶系にも、赤み、黒み、黄
みなど、ざまざまあります。歌舞伎役者にちなんだ代
表的な色は、赤みがかった団十郎茶、黄赤がかった
芝翫茶など。茶系といい、新橋色といい、江戸の流行
発信は、歌舞伎界、花柳界であったといえそうです。

posted by mikk at 22:19| Comment(11) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

なでしこいろ − 撫子色




つつましい大和撫子の色


線香花火の火花のように
か細く散る花びらが大和撫子。
もともと日本にあった「撫子」のことです。
中国から渡ってきた唐撫子は
花びらの先だけちらちらと分かれたもの。

清少納言が『枕草子』で
草の花なら撫子。唐撫子はもちろん
大和撫子もたいそうよい、と詠んだ花です。

撫子といえば、秋の七草の一つですが、
花の咲く時期が長いこともあり
夏の季語とする説、秋の季語とする説があります。
お菓子では、花の咲きはじめに合わせて、いまの時期。
かさねの色目の撫子や唐撫子を身につけるのも
いまの時分になります。

昨年このお菓子を求めたときは、もう少し白に近く
朱華色(はねずいろ)に見えました。
それが今年は、少し色が濃くなり、花心も黄色から白に。
色あいを変えたり、素材を変えたり
その年ごとのわずかな変化に
伝統を守りながら変えていく姿勢を見る思いです。




【撫子色】
紫がかった淡紅色。大和撫子とも、河原撫子とも、呼
ばれる花の色です。和の色では、大和撫子を「撫子
色」、唐撫子を「石竹色(せきちくいろ)」として色に違
いを見出しています。色調では、撫子色よりも石竹
色のほうが、やや濃く黄みがかった色となります。

posted by mikk at 23:57| Comment(8) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

かんぞういろ − 萱草色




憂い忘れる花の色


あれは、まだ幼い頃。
陽射しがたっぷり注ぐ窓辺で
はじめて知った「枇杷」の味。
長崎の親戚の家でのことでした。

母が皮をむき、さしだしてくれた実は
果汁がしたたるほどみずみずしく、ぷっくり。
ころころと転がっていかないように
小さくひと口、ひと口、食べすすめた覚えがあります。

甘すぎるわけでも、酸味があるわけでもなく
それほど主張が強くないのに
なぜか鮮明な記憶として残っているのは
この色のせいかもしれません。

現代では、気分を明るくする色として好まれていますが
かつて万葉集の頃には、憂いが晴れる花として
源氏物語の頃には、喪に服すときの色として
身につけられたもの。
凶事の色であるとともに
負の気分をいやす色でもあったようです。

その当時から
カラーセラピーの効果を見出していたとは。
和の色も、なかなかのものですね。




【萱草色】
赤みのある橙色。萱草の花の色です。梅雨から夏
にかけて咲くユリに似た花で、古名を忘れ草といい
ます。青紫の小花を咲かせる忘れな草とは異なり、
ヤマユリのような橙色の花。ちなみに枇杷に関わり
のある、枇杷茶は果皮が茶がかった色になります。

posted by mikk at 16:54| Comment(8) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

なえいろ − 苗色




風にそよ吹く稲の色


ひと月ほど前に田に移された稲が
若苗色から苗色へとかわりつつあります。

陽射しを見上げ、まっすぐに
天をめざすように丈を増してくると
ほっとして、うれしくて
いつの間にか見守っている心境になります。
このまま、すこやかに育ち
実りのときを迎えられますように。
そう思うとともに、気になるのは天候のこと。

このところ雨は気まぐれで
梅雨入りかと思えば、真夏のような晴れつづき。
忘れずに恵みの雨となってくれるとよいのですが。

そこに見つけた、青葉の上のひとしずく。
「落し文」です。
季節の訪れにあわせているのでしょう。
こちら仙台では
関西よりひと月遅れのお目見えとなりました。

白い粒をぽつんとのせることが多いのですが
このお菓子のは水滴のよう。
その涼にひかれて求めたお菓子です。




【苗色】
稲苗のように淡い萌黄色。卯月の頃の若草色より
淡く、皐月の頃の若苗色よりも濃い色になります。
若苗色が『源氏物語』に登場するのに対し、苗色は
平安期の文学に見られないため、若苗色より後に
生まれたのではと考えられています。かさねの色
目にも苗色があり、夏の時季に身につける色です。

posted by mikk at 20:23| Comment(12) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

きはだいろ − 黄蘗色




いにしえより伝わる樹皮の色


新しいことをはじめる方には
黄から橙の色でまとめた花を
贈るようにしています。
ふと眼にしたとき
晴れやかに元気づけてくれるように
おめでとう、がんばっての気持ちをこめて。

それがここ最近、
誰からともなく贈られた花がありました。
庭先で顔をあわせるその花は、黄しょうぶ。

すっくとした花姿は凛として華があり
こちらの背すじまで伸びる思いがしました。
その花姿も、そろそろ見納めと思っていたら
お菓子にみつけた「花しょうぶ」。

紫であらわされることが多い花なのに
あえて黄でまとめられているのが
庭先に咲いていたあの花のようで
思わず求めてしまいました。

わが身に贈るのは
花ではなく、やはり和の菓となりました。




【黄蘗色】
やや緑みの明るい黄色。ミカン科の樹木である
黄蘗の内皮で染めた色をいいます。黄蘗の花が
咲くのも五、六月。虫よけ効果のある黄蘗は、飛
鳥時代から経文用の紙を染めるのに使われたと
いいます。レモン・イエローと訳す人もいます。

posted by mikk at 23:00| Comment(8) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。