2015年01月18日

ことほぎ

hitsuji.JPG

今年もゆったりと
仙台の和菓子に
和の色を見つけてまいります。

2015年はじまりのお菓子は「羊」。

ここまで抽象化されていても
乳白色の色あいと、らくがんの肌によって
もこもことした愛らしい羊が浮かんできます。

年明けから、お菓子とのうれしい出会い。
今年も、よい出会いに恵まれそうです。







posted by mikk at 20:20| Comment(1) | 初春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みうら きぬこ 様

はじめまして。
先日は、メッセージをありがとうございます。
返信がうまくできず、こちらから失礼いたします。

河北新報の連載記事や、他紙の記事、
ホームページまで見つけていただき
ありがとうございます。

みうらさんも
東北の風土に根づいたものがお好きでしたか。

「土に着く」という言葉がありますが
そのような姿勢を貫く人やものほど
声高に語ることが少ない気がして
まだまだ知らない東北の手仕事や風物など
たくさんあるように思います。

みうらさんのお言葉を励みに
これからも東北らしいものやことを
見出していければと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。






Posted by 大谷美紀 at 2018年03月02日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。