2014年06月30日

よもぎのかさね − 蓬のかさね


chinowa.JPG

蓬をあらわす萌黄の濃淡かさね色


お世話になっている方から
縁起ものだから、といただいたお菓子です。

「茅の輪」と聞いたとたんうれしくて
青々とした茅の輪をくぐったように
すがすがしい気持ちになりました。

はじめて茅の輪をくぐったのは
仙台に来てからのこと。
たまたま大崎八幡宮まで散歩をしたとき
参道に大きな茅の輪がありました。

古歌を唱えながらくぐるもの
と説明書きにあったものの覚えきれず、勝手に縮め
夏越の祓い、夏越の祓い
と呪文のように唱えながら、右へ左へくぐり抜け
半年の穢れを祓い清めたのです。

大崎八幡宮といえば
正月明けのどんと祭で知られるところ。
ついこの前、どんと祭のご神火で
こごえる手を温めた気がしていましたが
あれからもう半年。

身についた罪穢れを清め
また新たな気持ちではじめるとしましょう。




【蓬のかさね】
淡萌黄と濃萌黄のふた色によって、成長した蓬の葉を
表すかさねの色目です。この「茅の輪」のお菓子でい
えば、輪をかたどっている部分の配色にあたります。
蓬は、邪気を祓う草。そのかさねの色目を用いたとこ
ろに、菓子職人の思いが表れているようでもあります。
この配色は、夏の装いとして身につけられた色です。










posted by mikk at 23:39| Comment(0) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。