2013年12月31日

くろとくさ − 黒木賊

shigure.JPG


黒みがかった深緑と白のかさね色


賊という字のせいか
黒木賊の色目から、どうしても山賊や盗賊が
浮かんできてしまいます。

色みの渋さとあいまって
賊軍の首領といった印象です。

木賊色を黒みがからせた深緑と
白をかさねた配色が、黒木賊になります。

木賊色といえば
武士に好まれた色みであったことから
想像していた荒々しいたたずまいは
当たらずとも遠からずといえるかもしれません。

武士のなかでも白髪まじりの年配者が
身につけた色みらしく
木賊と白の相性の良さは
南北朝時代のころから意識されていたようです。

ちなみに植物の木賊は、まっすぐに伸び
鋭さをもちあわせた草です。
ものを磨く草であったことから、砥草とも言われました。

このお菓子「時雨(しぐれ)」に走る
端正な線にも、どこか通じている気がします。




【黒木賊】
黒みの青と白による配色。かつては緑のことを「青」
と表現したため、実際には深緑と白の配色になります。
ちなみに「木賊」のかさねの色目は、萌黄と白の配色
で、植物の木賊の茎をあらわしています。木賊の衣は、
鎌倉時代や南北朝時代の軍記物に登場しています。黒
木賊は、祝いの席には避けられた色目とされています。










posted by mikk at 16:19| Comment(2) | 師走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます

毎月、季節の色のお菓子、楽しみに見ています
読み逃げばかりですみません

深みのあるいい緑色ですね
「木賊」は、祇園祭の木賊山でなじみがあります
木賊刈りの翁が、さらわれた子を思う姿を山に載せています
木賊山のお守りのご利益は「迷子除け」
子がいなくなるつらさをあじわわせたくない、
という思いがこめられているのでしょう
黒木賊の色に、そんな気持ちを想いました

今年もよろしくお願いします
Posted by さくらねこ at 2014年01月02日 01:18
*さくらねこさん*

あけましておめでとうございます。

こちらこそ滞りがちですみません。
今年ものんびり続けていければと思っています。

祇園祭を何度か見たことはありましたが
そのころは「木賊山」に気づくことなく
見過ごしていました。

祭りとは
華やかさだけではない
願いがこめられているもの。

そう思っていましたが
これほど切実な願いがこめられていたんですね。

祇園祭を見る機会があったら
目を凝らして「木賊山」を探してしまいそうです。

新年から“知る楽しみ”を
ありがとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


Posted by mikk at 2014年01月05日 07:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。