2013年11月30日

からちゃ − 唐茶

sakaematu2.JPG


中国茶のような黄みの茶色


岩茶を味わったことがあります。
中国の福建省北部にある武夷山という地域の
岩山で育ったお茶の木から摘みとった茶葉で
つくられたものです。

その武夷茶は、明の時代から
皇帝への献上品だったとか。
烏龍茶の製法のもとになったお茶でもあります。

小さな中国茶器でいただいた岩茶は
一煎、二煎、三煎と、そのつど異なる香り。
繰り返し、繰り返しお湯を入れても
お茶の色がちゃんとあり
いったい何煎まで
色が出続けるのだろうと思ったほどです。

このお菓子に、ぽつんぽつんぽつんと
3滴落とされた色あいが
その岩茶の色に似ているのです。

お菓子は中国にちなんだものではなく「栄松」。
日本で古来から尊ばれている不老長寿の象徴で
新年に好まれる意匠です。

霜月に見つけた松のお菓子。
今年はクリスマスより先に
お正月に出会えた気分です。




【唐茶】
黄みがかった茶色。「唐茶」と表す場合と、「枯茶」
と表す場合があります。読み方はどちらも“からちゃ”。
戦国時代から身につけられていたと考えられる色あい
です。唐は中国を表す言葉。この色は、中国から伝わ
ったお茶にちなんだ色なのでは、と考えられています。










posted by mikk at 21:49| Comment(0) | 霜月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。