2013年10月31日

きつるばみ − 黄橡

tsutamomiji2.JPG


どんぐりで染めた、赤みがかった黄色


花の好みがあれば
庭の好みもあります。

長野県の松本に
私財を投じて松本民芸館を建てた丸山太郎さんは
自宅を改装する際に
自然のままの楢や樫の木を
植えたといいます。

そういえば、仙台でも
自然のままの庭を見た覚えがあります。

東北大学の総長を務められた加藤陸奥雄先生のご自宅。
先生が亡くなられた後のことですが
蒐集されていた郷土玩具のことについて
ご家族にお話をうかがいに訪ねました。

その際に、窓から見える庭が
住宅地とは思えぬ光景で
しばらく眺めていた思い出があります。

あの庭に、楢や樫の木があったのか
覚えていないのですが
まるい楢のどんぐりや、長い樫のどんぐりが
見つけられそうな庭でした。




【黄橡】
「つるばみ」とは、橡(くぬぎ)のこと。その実は、直径
数センチと、どんぐりの中でも大きなもの。橡の実で
染めたくすんだ赤みの黄色が、黄橡です。奈良時代
に位階によって定められた衣服の色では、第七位に
あたります。色あせしにくく、僧衣にも使われました。
このお菓子「蔦もみじ」でいえば、豆の色になります。











posted by mikk at 16:42| Comment(0) | 神無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。