2013年09月30日

はつもみじ − 初紅葉

koborehagi.JPG

萌黄と淡萌黄のかさね色


宮城県の花は、宮城野萩。
仙台市の花は、萩。

萩に思い入れのある土地柄ゆえか
花が見ごろになる季節には
仙台の和菓子屋さんに
萩にちなんだお菓子が並びます。

たいていは、可憐な萩の花に見立てて
けしの実を散らすことが多いのですが
意外だったのが、この「こぼれ萩」。

お菓子の水無月を思わせる
存在感のあるういろう製です。

こぼれんばかりに咲く
白萩を表わしているのでしょう。
白小豆をぎっしりのせて
つややかな寒天で表面を覆っています。

食べごたえがありそうと思ったものの
口にしてみると、白小豆の風味がとてもよく
するすると口の中にほどけていきました。




【初紅葉】
かえでの葉を模した、萌黄と淡萌黄によるかさねの色
目です。春の時季のかえでの葉色を表わしていると思
われますが、紅葉にちなんだ色目として、後の時代に
生まれたのではと考えられています。ちなみに紅葉に
ちなんだかさねの色目には、青紅葉、黄紅葉、楓紅葉
などがあり、いずれも秋に身につけられる配色です。











posted by mikk at 23:57| Comment(0) | 長月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。