2013年08月31日

せいじいろ − 青磁色

akanezora.JPG


磁器の淡い青緑色


「身代わりになってくれるからね」
そう言われて台湾で求めたのは
ねこの形をした
指先ほどの小さな翡翠(ひすい)でした。

壊れたとき、なくなったとき
それは身を挺して
持ち主を守ってくれたということだと教わりました。

命の象徴として尊ばれた翡翠の
その色を模してつくられたのが、青磁です。

中国でつくられはじめた青磁は
やがて朝鮮半島の高麗に伝わり、高麗青磁に。
そして、日本に伝わり佐賀県の鍋島藩でつくられ
鍋島青磁も広まっていきます。
その多くは、美術工芸品。

日常づかいにされる青磁は少なく
ごくごく淡い青みから灰みを帯びたものまで
色に幅があります。

このお菓子「茜空」は
本来の青磁色である中国青磁の色みに近いようです。

青磁色と、夕焼けをあらわす緋色。
かさねの色目にあってもよさそうな
相性のよい配色を教えてくれるお菓子です。




【青磁色】
中国青磁のような、淡い青緑色。中国から日本に
青磁が伝わったのは、平安時代とされ、その器の
色にちなんで名づけられました。産地によって青
磁の色は異なり、秘色(ひそく)とよぶ場合も。ち
なみに高麗でつくられた青磁は、もう少し黄みが
かった色。かつて紹介した山葵色にも似ています。















posted by mikk at 13:33| Comment(0) | 葉月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。