2013年07月31日

にゅうはくしょく、みずいろ − 乳白色、水色

koishi2.JPG


かすかな黄みの白、清らかな水の色


庭づくりを極めると
石にいきつくらしい。
たしか、父から聞いた気がします。

もしかしたら、禅の美を極めたものとされる
龍安寺の石庭と結びつけて
父が言ったことだったかもしれませんが。

華やいだ花でも
造形的な池でもなく
あるがままの石こそ味わい深い気がして
妙に納得した覚えがあります。

和菓子にも花あり、籠あり、団扇あり。
かたどったものはさまざまありますが
「小石」を見つけたのは、初めてでした。

上から見ると、白っぽい小石そのものなのですが
少し視線を下げると
浅瀬にひたひたと浸かっているような水色も。

情景が広がるお菓子は
和三盆と切りごまで仕上げられたもの。

なんとも趣のある姿のため、口に運べず
しばらく置いて観賞することに。
今日は主菓子だけで我慢です。




【白、水色】
乳のように、わずかに黄みを帯びた白色。白に完
全な白はなく、わずかに黄みや青みをふくんでい
ます。それが黄みに傾くと、乳白色や薄香色に。
青みに傾くと、瓶覗(かめのぞき)になります。水
色は、その名の通り、水のような色を表す淡く澄
んだ緑みの青。瓶覗より、すこし濃いめの色です。









posted by mikk at 23:27| Comment(0) | 文月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。