2013年01月30日

ひいろ − 緋色

ritu2.JPG


太陽が輝くような黄みの赤


1月らしいお菓子。
しかも、その年だけのものといえば
お題菓子です。
それは新年に宮中で行われる
歌会始のお題にちなんだお菓子のこと。

ひとつの題をもとに歌を詠む歌会は
奈良時代から行われていたようです。
天皇によって催される歌会は
鎌倉時代中ごろからはじまったとされています。

明治になって国民も参加できるようになり
勅題菓子ともお題菓子ともよばれる
和菓子がつくられるようになりました。

今年のお題は「立」。
「勅題『立』 旅立ち」と名づけられたお菓子は
日の出を思わせる緋色。
沖に漕ぎ出でた舟から見えるものは、さて……。

なんだろうと想いをめぐらせた頭に
浮かんできたのは
朝日に紅く染まった紅富士でした。




【緋色】
黄みがかった鮮やかな赤のこと。「あけ」とも読み、
飛鳥時代には「真緋(あけ)」として冠位十三階
の上から四つめにあたる色に定められています。
濃く染めた「深緋(こきあけ)」、浅い色あいの「浅
緋(あさあけ)」、能の装束に使われる「猩々緋(し
ょうじょうひ)」など、緋色の種類もさまざまです。











posted by mikk at 22:36| Comment(2) | 睦月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい色ですね
あたたかみがあって、おだやかで・・・
オレンジから黄色へのグラデーションも素敵です

「和」の色あいですね
中間色の微妙なニュアンスを
楽しむことができる心を持ち続けていたいです
Posted by さくらねこ at 2013年02月24日 23:50
*さくらねこさん*

ありがとうございます。
この冬はずいぶん寒く
めずらしく雪かきすることが何度も。
寒いときほど、あたたかい色味のものを
身につけたくなってきます。

先日お会いした小唄のお師匠さんは
とても装いが素敵で
微妙なニュアンスの着こなしの
お手本のような方でした。
京都東山にゆかりの方のようです。
Posted by mikk at 2013年02月25日 13:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。