2012年05月31日

しょうぶがさね − 菖蒲重

ozenoharu.JPG


菖蒲の葉と花穂を思わす、緑と黄のかさね色


まったく異質に見えるのに、
どこか似ているような……。
直感は、意外にあたっているようです。

このお菓子「尾瀬の春」に添えられた水芭蕉と、
そこに見つけた菖蒲のかさね色のことです。

菖蒲といえば、するりと伸びた剣のような緑葉。
尚武や勝負に通じるため
男子の成長を祝う端午の節句は、菖蒲の節句と言われるほど
たけだけしいものの象徴です。

水芭蕉は、花穂を包む大きな葉が白い花に見える
優雅なたたずまい。

色も、形も、雰囲気も、まったく違うのに
このふたつは同じ、サトイモ科。
粋な菖蒲と、雅な水芭蕉が
無骨に思えるサトイモ科とは
ちょっと意外な気もします。

もしかしたら、人の世も同じかもしれません。
なんとはなしに、ほっとした感覚をおぼえる人。
縁をたどっていけば、気づかされる、意外なつながり。
直感は、齢を重ねた経験のなせる業。
ますます冴えてくるかもしれません。




【菖蒲重】
菖蒲にちなみ、花穂をあらわす菜種色(黄色)と、葉
をあらわす萌黄色(緑)による配色です。お菓子でい
えば、きんとんの2色にあたります。かさねの色目と
いっても菖蒲重は、重ね着で見せるのではなく、布の
表地と裏地であわらす配色。『源氏物語』に「菖蒲襲
のあこめ」として登場する、いにしえの色あわせです。















posted by mikk at 22:15| Comment(0) | 皐月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。