2011年09月30日

しおんいろ − 紫苑色

nogiku2.JPG


秋に咲く紫苑の花の淡紫色


しおん、紫苑。
その響きも、文字のたたずまいも
優美でしっとりとした女性が浮かびます。

まだ「和の菓 和の色」が形をなしていないころ
和菓子に日本の色を見つけたいと考えていたときから
ずっと紹介したいと思っていた色です。

紫苑は、秋の花。
この時季、淡い青紫の花をつけます。
そう、このお菓子「野菊」のように。

野菊はある特定の花の名ではなく、
野生の菊のこと。

平安時代のはじめには
中国から渡来していたという紫苑も
野菊のひとつです。

このお菓子の姿、形、色あいは
きっと紫苑を意識したもの。

「野菊も咲くまでは、ただの草」といわれ
咲いてはじめて、気づかれます。
その有りようも、惹かれるところです。




【紫苑色】
菊科の紫苑の花色をあらわす、淡く明るい青紫で
す。平安時代から好まれ、庭に多く植えられた花。
その色あいも愛され、『源氏物語』や『枕草子』にも
装いの色として出てきます。ひと色であわらす「紫
苑色」もあれば、紫と蘇芳(紫がかった黒みの赤)
の二色によるかさねの色目の「紫苑」もあります。









posted by mikk at 13:28| Comment(0) | 長月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。