2011年08月30日

きくがさね − 菊重

kikyou.JPG


白菊のうつろいを表すかさね色


葉月も、あと一日。

いっときは、急に肌寒くなった気候に
早くも秋がやってくるのかと思ったら
いまも隣のお寺の木立では、セミがかまびすしく鳴き
まだまだ夏は終わらない
と言っているかのようです。

かと思えば、こちらの庭先には
秋明菊が開きはじめました。
夏と秋が、とけあうこのごろ。

お菓子は「桔梗(ききょう)」。
秋の七草のひとつです。

萩、尾花、葛、なでしこ、おみなえし、藤袴、朝顔。
この朝顔が、桔梗といわれています。

ふた色あったこのお菓子を並べてみると
その色あわせは
秋らしい白菊を思わせる
かさねの色目へと姿をかえました。




【菊重】
白と淡紫のかさねの色目。秋に身につけられる色あい
です。似た配色に、蘇芳菊(すおうぎく)があります。
こちらは白と濃い蘇芳色(黒みをおびた赤系の色)の
かさなり。白菊が霜にあい、蘇芳色にうつろう様子を
表した色目とされています。だとすると、この菊重は、
夜露にぬれた白菊をあらわしているといえそうです。








posted by mikk at 12:01| Comment(4) | 葉月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美しい和菓子と、日本語の美しさを感じさせてくれる文章に、
いつもうっとりしながら拝見しております。

今日は、日中夏が戻ってきたかのようなお天気でしたが、
白と淡い紫の菊重に秋の雰囲気を味わいました。

これからも豊かな感性で楽しませて下さいね。
Posted by ヒロリン at 2011年08月30日 19:55
*ヒロリンさん*
いつもありがとうございます。
本当に、夏が戻ってきたようですね。
それでも季節はめぐり
明日からは9月。
9日は、重陽の節句。
その後は、定禅寺ストリートジャズフェスティバル、お月見と
楽しみが続きます。
夏から秋へ
気分も自然とうつっていけそうですね。


Posted by mikk at 2011年08月31日 10:06
なんて素敵なんでしょう

原色にない魅力的な色彩

奥ゆかしい表現

日本人に生まれてよかった!(笑)
と感じさせていただけるページに出逢えました

これから遊びにこさしてもらいます〜(*^^*)
Posted by aki at 2011年09月12日 14:07
*akiさん*

遊びにきてくださって
ありがとうございます。

日本の風土や歴史から生まれた色彩文化があって
それはとても感覚的なもの。

ぱきっとした原色ではない
あいまいさを含んでいるところが
また、いいなと思っているのです。

これからも、どうぞ遊びにお越しくださいね。
Posted by mikk at 2011年09月13日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。