2011年04月26日

さくらいろ − 桜色

sakura,nami.JPG


ほんのり紫がかった淡紅色


いつになく、さっと花開いた気がして
散りはじめも早いのかと思っていたら
この花冷え。
思いのほか長く、桜を楽しめています。

芝生に寝ころんで見上げれば
桜の向こうには、広い空。

透けるような淡紅の花びらと空の青さが
なんとも心地よく
しばらく、じっとしていました。

風のように
水のように
生きていきたい。
そんな気になってきます。

お菓子も
そよ風にひらひら舞い散る「桜」と
雪どけ水を思わせる
情景にしました。


【桜色】
桜の花色には、白みがかった山桜の色と、やや紅がか
った染井吉野の色があります。平安時代には山桜の色
を言い、江戸時代に生まれた染井吉野が一般的になっ
た現代では、染井吉野の色を言うことが多いようです。
このお菓子は、染井吉野にちかいかもしれません。同
じ桜のお菓子でも淡い色あいの「花びら」もあります。







posted by mikk at 17:53| Comment(2) | 卯月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとも明るい、晴れやかなパステルカラーですね
桜の方は、
外がかりっと中がやわらかい
砂糖衣のゼリーのようなお菓子でしょうか

>風のように 水のように 生きていきたい

肩肘をはらず流れにあわせて、しなやかにすごす
そんな風に生きてゆきたいですね

mikkさんの心が、
このお菓子のように
軽やかになるつつあるのを感じました

いつになくいつまでも寒い春ですので
お体を大切に
Posted by さくらねこ at 2011年04月29日 02:06
*さくらねこさん*

桜のお菓子は、ご想像どおり
砂糖の衣につつまれた寒天のお菓子です。
お店によって、その食感にも違いがあるものですね。
ゼリーのようにやわらかめのものもあれば
こちらのは、少ししっかりめ。
このシャリシャリつるんの食感が
とても好きなのです。

風のように、水のように。
そう思っていれば
いつかなれるのではと、願いもこめて。

ちょっとパキパキかたまってしまった体が気になるので
まずストレッチでもして
体からやわらかくしていこうかと
思っているところです。
Posted by mikk at 2011年04月30日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。