2010年12月31日

こおりがさね − 氷重



淡い黄茶と白のかさね


2010年しめくくりの日。
「和の菓 和の色」ブログで紹介するお菓子も
100個めになりました。

そのお菓子、「風花(かざはな)」です。
風花とは、冬晴れにちらつく雪のこと。
風に舞う花のように
吉祥文様らしい雪がかたどられています。

お干菓子の
淡い黄茶のほうは、和三盆の極上のもの。
白いほうは、さらしたもの。
ふたつの色の重なりが
この時季にふさわしいかさねの色目、氷重になります。

どちらのお干菓子も口にふくむと
すーっと跡形もなく溶けていきますが
あとをひくおいしさ。

「和の菓 和の色」も
そのような、ありようになれればと思っています。

遊びにお越しくださったみなさま
ありがとうございます。
コメントをくださった方々
いつもあたたかい眼差しをありがとうございます。

今年も残すところ、あとわずか。
どうぞ、よい年をお迎えください。




【氷重】
卵の殻の色である鳥ノ子色と、白色による、かさねの
色目。冬に身につけられる配色です。『狭衣物語』に、
雪が積もって凍りついた呉竹の枝に、氷重の色目の文
を結ばせたといった場面が出てきます。お干菓子の中
段の情景は、それを模したのかもしれません。「氷重」
と似た配色に、白と白をかさねる「氷」の色目もあります。

posted by mikk at 15:26| Comment(2) | 師走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとも粋な色の組み合わせですね
やわらかい白に、淡いベージュ
雪の積もった日の光景のようです
模様も、まさに雪景色なのですね
食べてみたいお菓子です

今日はこちらも朝から雪がちらつき、
30分ほどでうっすらとあたりは雪化粧になりました
仙台ももう雪景色でしょうか
来年も、やさしさと丁寧さいっぱいの和菓子たちに
出会えるのを楽しみにしています
よいお年をおむかえくださいね
Posted by さくらねこ at 2010年12月31日 21:53
*さくらねこさん*
あけましておめでとうございます。
本当に、いつもありがとうございます。
今年は仙台でお正月。
意外に雪景色とはならず
風が冷たいくらいです。
京都も知恩院あたりは
雪がないようですね。
お正月は撮影したくなるところも
多いことでしょう。
寒さに気をつけて
おでかけくださいね。
Posted by mikk at 2011年01月01日 01:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。