2010年11月30日

あずきいろ − 小豆色




江戸にはじまる灰みの赤


伊豆沼という宮城県北にある水辺に
雁が飛来するころになりました。

夕暮れどきに雁を追いかけて
茜色に染まった空を背景に、群れ飛ぶ様子を撮るのに
立ち合ったことがあります。
このお菓子の情景は、それよりもっと遅い時間。
「月夜の雁」です。
この雁をかたどっている部分が、小豆色。

冬には寒さにそなえ
小豆粥を食べる習わしがあります。
赤い色が、けがれをはらうとされ
かつては1日と15日に
お赤飯をいただくこともあったようです。

それにならって、今年に入ってから毎月初め
1日の日にお赤飯を食すようになりました。
できあがったお赤飯をおひつに入れ
いただくだけで、あらたまった気持ちになります。

体にはもちろんですが
心にも、良いような気がします。




【小豆色】
赤小豆の実のような、くすんだ赤。このお菓子の雁に
あたります。小豆は、『古事記』にも見られるものの、
色名としては江戸時代から。小豆で染めたのかと思っ
たら、何で染められたのかも、よくわからないといいま
す。季語でいえば8月ですが、収穫は10月ごろ。12月
の冬至に食されることから、冬の色として紹介しました。

posted by mikk at 10:26| Comment(4) | 霜月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャンパスに見立てて絵がかれたお菓子
平面なのに、雁が飛んでいく動きが感じられますね

夜をあらわしているアズキ色の部分、
撮ってもおいしそうです♪
Posted by さくらねこ at 2010年12月06日 00:47
*さくらねこさん*
日本画のようでしょう。
色はパソコンによって異なって見えるので
しっくりこない説明になっているかもしれませんが
こちらでは、雁が小豆色に、
夜が黒紫色に、見えています。

お菓子は、黒砂糖羊羹。
月をなしているのが黄身あんです。
すっと菓子切りで割ってみると
黄が縦にのび
とても端正な断面。
ちょっとした発見の気分でした。

さくらねこさんが撮られた
「岩陰の紅葉」の色あわせも印象的。
心に残るものですね。
Posted by mikk at 2010年12月07日 10:12
お久しぶりです。
あずき‥いろ でしたですね。
こちらも今秋、あずきに出会い、小豆島に行くという機会を得ました。
ついたちにお赤飯‥母が慣わしています。
自分もお赤飯がだいすきなので引き継ぎたいです。
楽しい年末年始を。蒼
Posted by ao at 2010年12月10日 23:53
*蒼さん*
ごぶさたしています。
小豆島といえばオリーブと思っていましたが
そういえば、あずき・しま。
由来は、はっきりしないようですが
これから小豆島の字を見かけたときは
赤い小豆が浮かびそうです。

蒼さんのお母さまも、一日にお赤飯ですか。
あまり身近で聞いたことがなかったので
かえって新鮮で、うれしくなりました。
お赤飯、わたしも好きなんです。
だから続いているのかも。
いいなと思える習わしを
受け継いでいきたいですね。

ここ最近、ぐっと寒さが増し
夜空も冴えてきました。
蒼さんも、素敵な年末年始を。
Posted by mikk at 2010年12月11日 13:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。