2010年10月31日

あおもみじ − 青紅葉




色づきかけた葉のかさね色


夕紅葉、むら紅葉、下紅葉……
紅葉にまつわる季語はたくさんありますが
かさねの色目も、それに劣らず
初紅葉、青紅葉、黄紅葉、楓紅葉、
紅葉、櫨紅葉など、さまざま。
その字を眺めているだけで
移りゆく季節を感じられます。

「野路」と名づけられたこのお菓子、
柿をかたどっていますが
その色は照り映えるとまではいかず
まだ、おだやかな色。

かさねの色目でいえば、青紅葉です。
仙台ではちょうど今ごろの
色づきはじめた木の葉のようです。

寒暖の差が大きいほど
木の葉は赤みを増し
くだものは甘みを増します。

猛暑から秋へと急加速した今年は
木の葉の色も、くだものの味わいも
より深まるかもしれません。
人としても、円熟みが増す
となるとよいのですが。




【青紅葉】
青と朽葉のかさね色。まだ色づいていない青葉と、色
づきはじめた木の葉、2色のかさねの色目です。平安
時代には紙の色として、鎌倉から室町時代の文献に
は狩衣の色に用いられたと記されています。ちなみに、
似た言葉に青楓がありますが、こちらは初夏の季語。
青紅葉は季語にはなく、秋にまとう色目になります。

posted by mikk at 23:27| Comment(2) | 神無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よく実った柿をかたどったお菓子
上品でおだやかな色あいですね

今年の紅葉、そちらはいかがでしょうか
こちらは例年より色づきが遅めのようです
そして、山の色どりは今ひとつのような気がします
夏があまりにも暑過ぎて、
色づかずに茶色くなってしまっているような・・・
桜の葉の紅葉が趣気があると思うのですが
今年は色づく前に、もう葉が落ちてしまっている樹を見かけます
Posted by さくらねこ at 2010年11月21日 22:54
*さくらねこさん*
こちらは、いまが紅葉の見ごろです。
夏の暑さと、初秋の寒さとで
紅が濃いような気がします。
宮城県内の松島、鳴子、七ヶ宿など
知り合いの方々も紅葉狩りに出かけたとか。
こちらは、松島の紅葉ライトアップを見てきました。
円通院というお寺さんの
夜の池に映る紅葉は、なんとも幽玄でした。
さくらねこさんが撮られた中にも
たしか、そういうシーンがあったような……。

紅葉の色づきはいいのに
わが家の庭の南天は色づかないのが不思議で
少々気になっているところです。
Posted by mikk at 2010年11月23日 08:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。