2010年01月31日

しょうじょうひ − 猩々緋




鮮やかに冴えた黄みの赤


新しい年のはじまりは
鮮やかな赤に多く出合います。

緋色のお菓子に出合ったのも、2008年の睦月。
それは、どんと祭にちなんだ
“火祭”という銘のお菓子でした。

2010年の睦月は、「梅一輪」の花の色に
目の覚めるような猩々緋を見つけました。

「猩々」といえば、能の演目にもある
酒好きな霊獣のこと。
親孝行の酒売りの男性に、尽きることのない酒壺を授け
永遠の繁栄をもたらしたというお話です。

その風貌は恐ろしいほどの赤毛装束ですが
酔ってうかれて舞うさまは、とてもユーモラス。
めでたい演目です。

そう思えば、このお菓子も
梅の花に酔ったかのよう。
花に酔い、酒に酔い、お菓子の甘さに酔う
よい年になりそうです。




【猩々緋】
一輪咲いた花の色が、猩々緋にあたります。鮮やかな
黄みの赤である緋色の中でも、特に冴えた色み。中国
の伝説上の霊獣「猩々」の血の色ともいわれます。南
蛮船によって輸入された羅紗(羊毛をつむいだ毛織物)
の色でもあり、それは大名の陣羽織にも愛用されまし
た。江戸初期に名づけられた色名ともいわれています。

posted by mikk at 23:40| Comment(7) | 睦月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ、なんと鮮やかな!
「ほら!春よ!春よ!」って、花々が主張しているような華やかさですね

赤い着物を着た小さな子が、
おこたのまわりで喜び跳ねているような、楽しげな色にも思えます

こちらは今夜はまた冷えてきました
お菓子の彩りで、寒さをひととき忘れることができました
Posted by さくらねこ at 2010年02月01日 23:44
 緋は火に通じる温度を感じる色ですね。
緋縅の鎧なんて血気盛んな若武者を思い起こさせます。
この「梅一輪」に、雪解けの小流れのような深い切り込み
そこから覗く紅の色にも、待ちわびる春の地熱さえ感じます。
小枝の艶やかな萌え緑は、陽の光りを連想させます。
移ろいゆく季節をかたちにうつす菓子職人、良きかな。
先駆ける春を戴く菓子食人、なお羨ましきかな。
Posted by morinof at 2010年02月02日 08:20
*さくらねこさん*
お返事が遅くなってごめんなさい。

こちら仙台は今朝、雪景色でした。
うっすら積もっていた雪も
お昼近くになると屋根の色が見えてきました。
京都も寒いでしょうね、この時季は。

たしかに、このお菓子、女の子の赤い着物にも見えますね。
最近、周りであまり見かけなくなりましたが
はんてんも、鮮やかな色が多かったですね。

そういえば、東北には
花のない時季にお供えする
鮮やかな色の削り花というものもあります。
木を削って花のようにするもの。
白に冬だから、かえって
鮮やかな色を使うのかもしれませんね。
Posted by mikk at 2010年02月05日 12:00
*morinofさん*
お返事が遅くなってごめんなさい。

おっしゃるように
緋色は火色とも書かれたほど
燃え立つ炎を思わせる色です。
その色を好んだと伝えられるのも、上杉謙信や豊臣秀吉など。
戦国武将の気性に通じるようですね。

感覚でとらえたお菓子の写真から
雪解けのせせらぎ、枝先から萌えいずる緑、
春のきざしを感じさせる陽の光まで感じとっていただいて
かえってこちらのイメージまで広がりました。

かわいらしい着物の女の子あり
移ろいゆく自然の描写あり
ひとつのお菓子から、さまざまに広がっていくのが
とても興味深いところです。

ありがとうございます。
Posted by mikk at 2010年02月05日 12:57
*さくらねこさん*
こちらからのお返事で書いた
「削り花」の画像です。
仙台では、春彼岸のころになると
お花屋さんやスーパーでも見かける、木を削ったお花です。
http://www.k2.dion.ne.jp/~miks/kezuribana.htm
Posted by mikk at 2010年02月07日 12:08
酒よりも花より君に酔うてみる

梅一輪咲いて春呼ぶ凍る空
Posted by 日向子 at 2010年02月15日 08:11
*日向子さん*
寒い日が続いていますね。
明日の仙台は、また雪のようです。

「梅一輪咲いて春呼ぶ凍る空」
凍えるような空に
梅一輪が呼びかけてくれるとうれしいですね。
春はまだかな、と。

こんなに寒い日が続くと
ついつい熱燗からはじめてしまいます。
「酒よりも花より君に酔うてみる」
酒よりも花よりも……といきたいところですが
冷え症のため、やはりこの時季は
あったまりたいですね、熱燗、ぬる燗で。

お酒に弱い日向子さんも
甘酒なら、ほんのり温まっていいかも。
Posted by mikk at 2010年02月17日 18:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。