2009年06月21日

まつばいろ − 松葉色




松葉のようなくすんだ黄緑


梅にちなんだ色は、梅染、梅鼠、梅紫とありますが
どれも赤みがかった色ばかり。
この青々とした色からいえば
梅とはあまり関係のない松葉色になります。

入梅の頃に実を結ぶ「青梅」は
いかにもおいしそうに見えますが
毒があるとも言われます。

それでも食べたという方に、つい先日、出会いました。
「とても渋くて食べられたものではないんですが
子どもの頃は、よくかじったものでした。
食べるもののない時代でしたから」

たぶん60年ほど前のことでしょう。
昔を懐かしむお話をうかがったとき
あまりの時代の変わりように
戸惑いを覚えることがあります。

それでも季節がくれば、あたりまえのように
青梅をかたどったお菓子をいただく自分もいて……。
いまを、ありがたいなと思います。




【松葉色】
松の葉のような、くすんだ黄緑色のこと。松は常緑です
が、松落葉といえば夏の季語。新しい芽を出した後に、
落葉することをいいます。それにちなんで、この時季に
紹介しました。このお菓子、考えてみれば、形は梅、色
は松というとりあわせでもありました。ちなみに松葉色
と似た色に、如月の項で紹介した「常磐緑」もあります。

posted by mikk at 21:58| Comment(12) | 水無月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「松葉」とあるけれど、
青梅のお菓子のような色だなぁと思ったら、
「青梅」を現す色名はないのですね。
あまずっぱい梅の味のお菓子なのでしょうか
おいしそうです

昨日撮影に行ったところで、
梅の実がなっているのを見かけました
以前住んでいた家の庭に梅の木があって
この時期、庭の剪定にきてもらうと
梅の実を採ってくださいました
梅はケムシがたくさんつくので、
近寄りにくかったので助かったのを思い出しました

いよいよ梅雨本番のようで、
明日からの天気予報は毎日雨です。
しばらくぶりでしたけど、お元気でしたか?
この時期、体調がすっきりしないことがおおいですし、
気をつけてくださいね
Posted by さくらねこ at 2009年06月22日 00:04
*さくらねこさん*
「青梅」にちなんだ色名
残念ながら見つけられませんでした。
このお菓子、見ためは梅の香りが漂ってきそうですが
外郎にくるまれた、ほんのり甘い白い餡そのもの。
白餡も、お店によって風味が違うものですね。
それを、このお菓子から気づかされました。

さくらねこさんにも、青梅の思い出がありましたか。
こちらも子どもの頃、青梅は身近にあったはずなのですが
なぜか梅もぎの記憶がありません。
それなのに、梅酒に漬かっていた梅の味は思い出すのですから
意識が向く先は、いまと同じだったのでしょう。

仙台も、すっきりしない天候が続いています。
おかげさまで元気にしていて
さくらねこさんが撮影された紫雲の空を見ながら
心なごませています。
さくらねこさんも、お体をたいせつに。
Posted by mikk at 2009年06月23日 00:29
はじめまして!
突然のコメントで失礼いたします。
いつも楽しく拝見させていただいています。

源氏物語から興味をもって、重色目など日本の伝統色をいろいろ調べていたら こちらのブログにたどりつきました。

それ以来、素敵な和菓子の写真と色のエッセイを読むのを楽しみにしています♪

今年はじめて、梅酒作りに挑戦しようとおもい 青梅を買ってきたので 本物の香りを聞きながら このブログを読めたのがうれしいです☆
Posted by 奈緒子 at 2009年06月30日 21:15
*奈緒子さん*
ようこそ。
遊びに来てくださって、ありがとうございます。
源氏物語やかさねの色目など知るほど
紫式部が色あいからも人柄を表現しようとしていたのかと
その深さに驚かされます。
青梅の香りを楽しみながらの梅酒づくりも、楽しそうですね。
年数がたつほど琥珀色の濃さが増し
まろやかな味わいになってくるのも、うれしいもの。
お好みの味に仕上がるといいですね。
かなりのゆったりペースでの更新になっていますが
またぜひ遊びにお越しください。
Posted by mikk at 2009年07月02日 01:06
実を結ぶ頃に涙の雨が降る

梅酒飲みすっぱいしたよ酔っぱらい

青梅をかじって耐えた昭和の子
Posted by 日向子 at 2009年07月06日 07:43
*日向子さん*
恋の歌が多いような気がする
最近の日向子さんの川柳。
1句目も、その流れで
しっとり梅雨どきの情景ですね。
と思っていたら、2句目で笑ってしまいました。
笑いをありがとう。
青梅をかじったことはありませんが
お互い昭和の子。
ゆったりおおらかにいきましょう。
Posted by mikk at 2009年07月07日 10:01
梅星というのがあるそうです^o^
今年の青梅のころはとてもいそがしかったので、梅シロップを作れませんでした。
「ナマでかじるとおなかこわすよ…」と亡き母の言葉が、あの頃の思い出をよびさまします。
Posted by たっくん at 2009年07月08日 12:37
*たっくんさん*
梅星を「うめぼし?」と読みましたが
「ばいせい」なんですね。
でも英語名は「Umebos(ウメボス)」。
梅のボスを想像してしまいます。
1年半ほどまえに発見された星。
梅のように、ころんと丸いのかと思ったら
ラグビーボールのような形なのだとか。
今度、天文好きの友人に聞いてみなければ。
青梅を見かけるたび、たっくんさんは梅シロップをつくられたかなと
ふっと浮かんでいました。
少しゆっくりできるといいですね。
ときおり出てくる、たっくんさんのお母さん。
お会いしたことがあるような気分になるから
不思議です。
いい思い出ですね。
Posted by mikk at 2009年07月09日 09:48
青梅は切ない幼年の味

小さな時 年上の友達にそそのかされて私も青梅をかじったことがあります


初老の私はジプシーヴァイオリンでも聴きながら このお菓子をいただきたいです

最初はお抹茶で二個目はスコッチウイスキーが良いですな

いつも同じパターンですが





Posted by げんよう at 2009年07月13日 12:52
*げんようご主人さん*
梅雨あけ間近で
今日も暑くなってきましたね。
ご主人さんも青梅をかじられたことがあるんですか。
かなり渋いと聞いたことがありますが
どんな味だったんでしょう。
梅酒にもブランデーでつけたものがありますが
やはりご主人さんは、抹茶に、スコッチに、甘いもの。
8月8日夜のジプシーヴァイオリンも
楽しくなりそうですね。
http://hatsumisuzuki.blog108.fc2.com/blog-category-21.html
Posted by mikk at 2009年07月14日 13:38
梅の季節ですね。

先日沢山の梅を頂き、どうしたものかと数日間怯んでいたら・・(早く何かつくっれってことですが)みるみる黄色くなり、とってもいい香り〜。

手間のかかることはダメなのでまとめてお鍋にほおりこんでグツグツ・・
ジャムができました。こんど味見にきてくださいね。

梅はやさしいです。いい加減なわたしがつくっても ちゃんとジャムになってくれました。
Posted by 花花 at 2009年07月18日 22:17
*花花さん*
梅ジャム、さっぱりしておいしそう。
つい梅酒にばかり気がいっていましたが
ジャムという手もありましたね。
まるごとグツグツ煮込めばいいのなら
こちらでもできそうです。
花花さんの食卓には
いつもおいしそうなものが並んでいるので
いい味ですよ、きっと。
今日の仙台は暑くなってきました。
そうなると、風通しのよい花花さんのお宅を思い出します。
縁側でビールなんていうのも、いいですね。
Posted by mikk at 2009年07月20日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。