2009年04月26日

ねこやなぎいろ − 猫柳色




ふわふわ銀糸に開く花色


少し自分のペースを
見失っていたようです。
浮足立つというか、息が浅いというか。

お菓子を見てまわることが少なくなると
とたんに季節を感じることが薄らいでしまうのは
食いしんぼう以外のなにものでもありませんが。

もしかしたら
自分にとっていちばん大切なものほど
見逃しがちなのかもしれません。
身近にあるもの、ないもの。
ありそうで、ないものが
実はいちばん大事のような気がします。

少しばかり重くなった心と体を
もっと軽やかに遊ばせられればと思っていたところ
見つけた「蝶々」です。

お菓子にも、野にも
蝶々の舞う季節になりました。
ひらひらと花たちの間を舞うように
羽を広げていきたいと思うこの頃です。




【猫柳色】
ねこやなぎの花穂の色。春まだ浅い頃に枝先につけ
る猫の毛のような銀鼠色ではなく、淡い黄色の花が
開いたときの色が、ねこやなぎ色に近い気がします。
春の季語で、二月頃から見られる、ねこやなぎ。少々
時季は異なりますが、おなじ春の色として挙げました。

posted by mikk at 16:43| Comment(18) | 卯月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんてことでしょう。蝶と金箔。優雅です。こんなお菓子があるんですねえ。
そういえば 猫柳ってじっくりとみたことないですね。
こんどよお〜くみてみようかしら。なにかみえるかも。。
Posted by 花花 at 2009年04月26日 22:00
こんにちは

優美な色合いと意匠のお菓子ですね。
穏やかな春の陽気に舞う蝶の姿が
浮かびます。
愛らしい形に和みます。
日本の伝統を感じる意匠でもあり、
金箔を散らしたところも華やかです。

猫柳色、白とも銀鼠色とも違う仄かに
黄色味がかったところが温かみを感じ
る優しい色ですね。
春のひと時を素敵なお菓子で楽しませて
いただきました。
Posted by ymatsu at 2009年04月27日 11:58
ごぶさたでがんす 海坂のぶくでがんす

この情報過多とハイスピードのご時勢
自己中じゃないでがんすが

マイペース・マイルール・マイワールド
がとても大事になってくる時代だとも思うのでがんす

楽しさも 悲しさも しあわせも
基準は自分の中にあるものなんだと
おいらは思ってるでがんす

和菓子 甘いもの食べていると 
おいらは しあわせ気分でがんす。。。

Posted by ぶくたん at 2009年04月27日 18:09
お久しぶりです mikkさん。

花屋の店先に活けていた猫柳も
硬い皮を破って ふくふくと猫の様に
花をつけています。

飼っている猫は冬毛が抜ける時期?なのか
抱っこすると洋服が毛だらけです。
しかしあの柔らかい感触がたまらなく好きで
撫でてしまいます。

お花に止まって休んでいる様な『蝶々』ですね。
蝶々が甘い蜜を吸うように
自分に元気を与えてくれる人や物から
幸せを吸収して生きていきたいです。

Posted by yucco at 2009年04月27日 20:43
mikkさん、お久しぶり!
心配しておりました
お忙しかったようですね

そして見つけられた金箔をつけた蝶々・・・
何色でもない柔らかな白色で自由にはばたく蝶々は
mikkさんの心が軽くなったのがわかるようです

これからいろんな色がどんどん華やかになる季節ですね
どんな色に染まってゆくのか、楽しみです
Posted by さくらねこ at 2009年04月28日 00:27
*花花さん*
ねこやなぎは河原の近くだから
花花さんのお宅の近くでは、
あまり見かけないかもしれませんね。
というより、ねこやなぎよりもかわいい
猫ちゃんがいますからね。

昨日のことになりますが
梅花堂さんに寄ってきました。
はじめて見るようなお菓子がたくさんあって
楽しかったですよ。
連れて行ってくださった大大先輩に
花花さんとご主人さんの器をご覧いただいたのでした。
さくら野での陶芸展も、もうすぐですね。
お忙しいでしょうが、お体をたいせつに。
Posted by mikk at 2009年04月28日 00:31
*ymatsuさん*
こちらこそ
ymatsuさんの和紙のさくら舞いちる世界で
たっぷりお花見させていただきました。
匂いたつようでした。
藤の花も、もうすぐですね。
京都の老舗の和菓子屋さんには
藤の色をとりこんだ棹もののお菓子が出ていました。
ymatsuさんの季節を見つめるまなざしは静謐で清雅。
とても心が静まります。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by mikk at 2009年04月28日 00:44
*ぶくたんさん*
ごぶさたしました、ぶくさん。
実はごぶさたしていたころ
海坂あたりにうかがっていたのです。
内川とか、鶴岡公園とか。
落ち着くいいところですね。

本当に大事なのは
「マイペース・マイルール・マイワールド」ですね。
「楽しさも 悲しさも しあわせも
基準は自分の中にあるもの」
たしかに、そうですね。
自分を見失わないようにしないと、と思います。
どんなときも、甘いものをいただくと
ほっとして幸せな気分になります。
昨日も、大先輩の奥さまに
手作りの甘いものをいただきました。
うれしいお心づかいに、また幸せを感じたのでした。
Posted by mikk at 2009年04月28日 00:57
*yuccoさん*
ごぶさたしました、yuccoさん。
ねこやなぎ、yuccoさんのお店にあるんですね。
そんなに間近で見られるとは。
植物が日に日に移ろっていく様子を見られるのは
なんて素敵なことだろうと思います。
ねこやなぎも、猫ちゃんも、かわいいですね。
元気を与えてくれる家族ですね、猫ちゃんは。

「蝶々が甘い蜜を吸うように
自分に元気を与えてくれる人や物から
幸せを吸収して生きていきたいです。」

そうですね、元気や幸せを吸収していると
いつの間にか今度は発する側になるんでしょうね。
yuccoさんのブログ、とてもほっとしますよ。
Posted by mikk at 2009年04月28日 01:12
*さくらねこさん*
ありがとう、さくらねこさん。
ご心配をおかけしました。
おかげさまで、ふわりと羽を広げました。
意識するつもりではないのに
たぶん、この色と形を選んだのでしょうね。
不思議と、洋服もやわらかい色を身につけたくなるのです。
友人から勧められた本も
身につける色で心境がまったく変わってくるというもの。
これからどんな色に目がとまるのでしょうね。
自分でも楽しみです。
Posted by mikk at 2009年04月28日 01:24
mikkさん こんにちは♪
お久し振りです。
時折お訪ねして元気かしら!と思ってました。
”蝶々”の和菓子を見つけられて
mikkさんの羽が広がったようですね♪
無理をせず自分流を貫いて捜し当てた物こそ
価値ありと思われます。

猫柳色はしっとりとして落ち着きのある色で
ほのかに桜色を刷いている所がいいですね〜。
金箔が蝶々を引き立てています。

 お弁当の方にもお返事してあります。
時間があれば見てくださいね☆


Posted by ☆奈々☆ at 2009年04月28日 10:27
*奈々さん*
ごぶさたしました。
その間も遊びに来ていただいて、ありがとうございます。
おかげさまで「蝶々」のように、ひらひらと羽を広げています。
その時々にあわせて自分らしいものを
見つけていきたいなと思います。
奈々さんのところは、またまた
新しいメニューがたくさんでしたね。
お花見弁当を持って、出かけたくなりました。
手づくりの味が、いちばんです。
Posted by mikk at 2009年04月29日 23:43
mikkさま

久々の記事がアップされ、ほっとしました。

いつも楽しみに拝見しております。

あっという間に桜が散り、暑い寒いと言いながら
木々はもう緑の濃さを増しています。

又、美味しい色をご紹介くださいね。


Posted by sakuranomori at 2009年04月30日 00:46
ご無沙汰していました。お元気そうでなによりです^^
見失っていた大切なものが昨日、戻ってきました。
本来の自分はいつもいろんな膜に少しずつ覆われて、ちがうものになってしまうこともあるみたい。
美味しそうなお菓子ですね、まるで銀河の花火のよう。。。
Posted by たっくん at 2009年04月30日 10:51
*sakuranomoriさん*
ありがとうございます、気にかけてくださって。
桜も、白木蓮も、あっという間でしたね。
こちらも寒い、暑いと言いつつ
新緑に透かし見える春の陽に
なんともいえない心地よさを感じています。
ふっと過ぎる風の暖かさにも、手でさえぎりたくなる初夏の陽射しにも
季節を感じますが
なによりお店に並ぶ和菓子が
いちばん季節を感じられることに気がつきました。
また、美味しい色を見つけていきますね。
Posted by mikk at 2009年05月01日 00:03
*たっくんさん*
おかげさまで、元気にしています。
見失っていた大切なもの、
よかったですね、たっくさんのもとに戻ってきて。
たしかに、いろんな膜に覆われていて
本来の自分さえわからなくなってしまうことがあります。
ひと息ついて、深く呼吸して
自分に戻っていければと思います。
そして、いつもながら、たっくんさんの表現は
どきんとさせられます。
「銀河の花火」
余韻にひたってしまいそうです。
Posted by mikk at 2009年05月01日 00:13
ひらひらとイケメン探す雌蝶達

飛べるなら大空よりも花の中
Posted by 日向子 at 2009年05月07日 08:21
*日向子さん*
1句目と2句目が
まったく違うイメージ。
この軽やかさが日向子さんですね。
このところ、妙に「イケメン」という言葉に
反応されるような……。
そして、たしかに
大空を飛ぶよりも花の中を飛ぶほうが
楽しそうです。
Posted by mikk at 2009年05月07日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。