2008年12月24日

すおう − 蘇芳




生命もゆる紫みの暗赤色


急に冷えこんだので
ホワイトクリスマスかも、と思っていたら
少し寒さがやわらぎ
仙台は、おだやかなイブとなりました。

そうなると、白いクリスマスに出合いたいもの。
白雪のようにも見える「しもばしら」です。
そこに、ちょっと添えられた葉の色が、蘇芳になります。

そういえば、この冬
はじめて赤い葉がのぞきました。
数年前のクリスマスにいただいたポインセチアに
水をあげ続けていたら
手のひらに収まるくらいだったのが
ひょろりと伸びて1メートルほどに。
いつもは緑のままなのに、
今年は、ぽっ、ぽっと、赤い葉が……。

夏に、さらに大きな鉢に植え替えたせいなのか
陽をたっぷりとあてたせいなのか、よくわかりませんが。

色を忘れずにのぞかせた葉が
ちょうど、このお菓子の葉のよう。
ふと目にふれる赤もうれしくて
なんとなく気分もあたたかくなるのです。




【蘇芳色】
くすんだ紫がかった赤。赤系統のなかで、もっとも
紫寄りの深い赤とされています。平安時代では紫に
次ぐ高位の色。清少納言も好んだ色で、古代の人
は生命を表す血の色に似ていると考えたようです。
襲の色目には、蘇芳と黄をかさねた蘇芳香(すおう
のこう)があり、四季を通じて身につけられました。

posted by mikk at 15:32| Comment(8) | 師走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Merry X'mas♪
こちらは夕べからかなり冷え込んでますけど、雪は降りません。。。

緑の葉に雪がつもったように、透けて見える緑がいいですね
蘇芳って、深みのある暗い赤なんですね
上品な赤なので、白との組み合わせでも派手じゃなくてしっくりきます

やがて雪が降ると、木々の緑はこんなふうに見え隠れするんでしょうね
Posted by さくらねこ at 2008年12月24日 21:37
こんにちは
蘇芳色は王朝の雅やかさを感じる色です
源氏物語を思い浮かべます
落ち着きのあるのかにも華やいだ雰囲気があります

苔に覆われた庭に霜柱がたち、枯葉が一枚ある景色が浮かびます
霜柱の繊細な表現と蘇芳色の葉の取り合わせが風情のある素敵なお菓子ですね
Posted by ymatsu at 2008年12月25日 10:43
*さくらねこさん*
Merry Christmas!
こちらは25日の夕方から
しんしんと冷えてきました。
でも、雪はまだ。
今週末から寒くなるそうですから
そろそろかもしれません。
このお菓子、蘇芳のくすんだ抑えめの色みだから
いいんでしょうね。
木々にふりつもった雪を
しっとりと落ち着かせているようです。
Posted by mikk at 2008年12月25日 23:04
*ymatsuさん*
源氏物語にも薄蘇芳など出てきますね。
たしかに落ち着いていながらも、どこか華やいだ雰囲気。
紫を含んでいるせいでしょうか。
ymatsuさんがここに描いてくださった庭先の情景も
そのまま、目の前に広がっているようです。
寒さのなかにも心がぽっと暖まったような
気分になりました。
Posted by mikk at 2008年12月25日 23:26
mikkさん こんばんは♪
雪白にかかる蘇芳の色は気品がありますね。
平安の頃にはすでに装束に使われていたとは
驚きです。
昔の人は、どうやって木や草から布地を
染める答えを出したのか、想像するだけでも
楽しい!!

以前、お土産に頂いた布地の
蘇芳色が気にいって、ランチョンマットを
作った記憶があります。
思い出の色に会いました♪
Posted by ☆奈々☆ at 2008年12月26日 21:28
*奈々さん*
今朝は、このお菓子のような雪景色。
すぐに消えてしまいましたが
冬らしい空模様となりました。

草木染め、ほんとうに
どうやって染めはじめたのでしょうね。
花が咲く前の枝や、芽吹いたばかりの葉からは
それこそ草木の精のような色が出てくるようです。
この蘇芳も、幹の芯から生まれた色。
深く華やいだ色になりました。

この色のランチョンマット、素敵ですね。
テーブルにもキャンドルなど
飾ってみたくなりそう。
まだクリスマス気分が抜けていない
コメントになってしまいましたが……。

Posted by mikk at 2008年12月27日 00:01
クリスマスポインセチアの紅い顔

さくさくと冬の声する霜柱
Posted by 日向子 at 2009年01月09日 08:59
*日向子さん*
すごく素直な句をありがとうございます。
感じたまま、そのまま、というのが
なによりもすーっと伝わるのでは
と思うこのごろです。
Posted by mikk at 2009年01月10日 12:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。