2008年04月27日

しんばしいろ − 新橋色




花柳界が好んだ粋のひと色


流れが速い現代は
季節ごとに流行色が変わります。
いまほど早足ではなくても
かつて時代によって
生まれた色がありました。

新橋の芸者衆から生まれたのが、この色です。
芸事を身につけた女性が
流行の発信元となることは多く、
いまのトレンドリーダー的な存在
といえるでしょう。

目が覚めるような新橋色は
広くとって全身を覆うより
半えりなどでちらりとのぞかせるほうが
より粋な感じがします。

なにを粋とするかは
時代によっても変わるもの。
うつり変わっていく時の速さを感じながら
「せせらぎ」に「吉野」をそえ
花いかだにしてみました。




【新橋色】
明るく濃いめの水色。明治の終わりから大正
にかけて、東京新橋の芸者衆に好まれた色で
す。伝統色とはいいがたい、約100年前の流行
色。和の色ではありますが、化学染料による鮮
明な色は、どこか西洋の趣をたたえています。


posted by mikk at 22:51| Comment(10) | 卯月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新橋色。
素敵な名前ですね〜ENOKI〜
Posted by eno at 2008年04月28日 10:03
*ENOKIさん*
新橋の地名を見ると
この目に鮮やかな色が浮かんできます。
地域的には、ENOKIさんのほうが
なじみのある地名かと思われますが
印象はいかがでしょう。
Posted by mikk at 2008年04月28日 19:58
川面に浮かぶ花いかだ、すてきな色合いの
取り合わせに、心が揺れる思いです。
しんばしいろ…、初めて聞く色名です。
澄んだ晴れやかな色に、当時の人々の粋な
生き方を感じました。
Posted by 風恋 at 2008年04月28日 22:30
緑がないのに、緑を感じるような組み合わせですね♪
リンク、ありがとうございます^o^
Posted by たっくん at 2008年04月29日 00:01
新橋のご近所で「金春(こんぱる)」っていうのがあります。
こんぱる色も新橋色に近い色です〜ENOKI〜
Posted by eno at 2008年04月29日 17:00
*風恋さん*
とても素敵な表現
ありがとうございます。
色に時代がうつし出されますね。
いまは、どんな色なのでしょう。
好きな色を着て、時代が追いつくのを待つ
といった心境でいるのが
いいのかもしれませんね。
Posted by mikk at 2008年04月29日 21:25
*たっくんさん*
すーっと見通す眼差し
やはりたっくんさんです。
新橋色のことを
明るい緑みの青と表現される方も
ターコイズブルーに近いとされる方もおられます。
色は、感覚でつかむものですね。
随筆を通して色をとらえる感覚を教えてくださった
岡部伊都子さんがお亡くなりになられました。
その眼差しを通して
さまざまな色に気づかせてくださったことに感謝しています。
そして、たっくんさんの眼差しにも。
Posted by mikk at 2008年04月29日 21:57
*ENOKIさん*
地名があるんですね。
すいすいすいと
金春色の情報に行きつきました。
ありがとうございました。
やはり「知るより前に見よ」ですね。
柳宗悦の言葉がしみてきます。
Posted by mikk at 2008年04月29日 22:04
新橋の芸子は粋に着流して

百年前今だトレンド息長し

花いかだおやゆび姫になりたいな
Posted by 日向子 at 2008年05月02日 16:44
*日向子さん*
きれいですね。
さらりとした言葉の選び方が
とても好きです。
花いかだで、ゆらりゆらり
水面に浮かびながら
うたたねなどしてみたいです。
絵本になりそうな句ですね。
Posted by mikk at 2008年05月05日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
このページの上へ▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。